アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • オンライン研修
  • 研修
  • オンライン
  • チームビルディング

新人研修は何のためにする?目的やカリキュラム、おすすめの研修内容まとめ

新人研修の計画を任されている方にとって、「どんな内容が適しているのか」「何をゴールとして研修を実施すればいいのか」など、疑問点は多いのではないでしょうか。とくに、新人研修を初めて任される場合は、いざ計画を立てようと思っても具体的な案が浮かびにくいものです。
そこで、今回は新人研修に関する情報を幅広くご紹介。目的やカリキュラム、注意点、おすすめの研修内容に至るまで、詳しく解説していきます。
新人研修の実施が初めてで不安を感じている方や、社内での実施経験が浅く、参考資料が少ない方は、ぜひ本ページを参考にしてみてください。

新人研修とは

新人研修とは、新入社員を対象に行う研修のことです。
新卒の社員が対象の場合は、社会人の基礎やマナーなどを知ってもらうために実施することがほとんど。
中途入社の社員が対象の場合は、実際の業務内容や仕事の進め方などを教える内容が多いです。
新人研修は入社間もない社員に対して実施するものなので、適したカリキュラムを選び、計画を立てる必要があります。

新人研修の目的

新人研修は何を目的として実施するのでしょうか。
具体的な目的について見ていきましょう。

社会人として必要な知識を身につける

新人研修の目的として、まず挙げられるのが「社会人としての知識を身につけること」です。
社会人になるにあたり、必要な知識は数えきれないほどあります。マナーや気配り、コミュニケーション力などは身につけておくべきことでしょう。とくに、社外の人とも関わる業務であれば、社会人としての知識が不足していると信用問題に関わります。
社会人として活躍するための「土台作り」にあたるのが、新人研修です。

社会人としての意識を持つ

新人研修の目的の一つが「社会人としての意識を持つ」です。
新卒社員は学校を卒業して間がなく、まだまだ社会人として活躍していくことに明確なイメージを抱けずにいる状況。
会社に所属する社員の1人として、責任やビジョンを持って働けるように研修を行う必要があるのです。
新人研修は、社会人として必要な情報を得るだけではありません。「考え方」「価値観」「精神面」などにスポットを当てて行う研修も多くあります。
とくに、近年はストレスにさらされる環境が問題視されていることもあり、マインドに関する研修を導入する企業は少なくありません。
組織の一員として働くためにも、新人研修を実施して「社会人としての意識」を身につけさせることが大切です。

新入社員同士の交流機会を設ける

新人研修の目的の一つに「新入社員同士の交流」があります。新人研修には多くの新入社員が参加するので、同期との繋がりを作ることができます。
上司と部下、先輩と後輩といった縦の繋がりも大切ですが、同期にしかわからない悩みや不安もあるもの。会社で頑張っていくためには、横の繋がりが必要不可欠です。
単純に新入社員同士が顔を合わせる場とするだけではなく、レクリエーションを取り入れて、積極的な交流を促すこともおすすめ。不安や緊張を抱えた新入社員の交流機会のために、新人研修を行うケースもあります。

実際の業務を体験する

新人研修の大きな目的といえるのが「業務体験」です。
実際の業務を体験してもらい、徐々に仕事内容・環境に慣れるよう促していく必要があります。
研修内容によっては、実際の現場に立って業務を体験しながら学ぶといった方法もあります。業務に関する知識のインプットと、実際に業務を進めるアウトプットを繰り返していくので、スムーズに研修内容が定着するでしょう。

新人研修の主なカリキュラム

新人研修に導入できるカリキュラムは種類が豊富で、目的や得られる効果などがさまざまです。そのため、自社の研修の方向性に合わせてカリキュラムを選ばなければなりません。新人研修で導入されるカリキュラムは主に以下の6つ。どのようなカリキュラムが定番となっているのか見ていきましょう。

ビジネスマナー研修

新人研修のカリキュラムとして、多くの企業が取り入れているのがビジネスマナー研修です。
挨拶や身だしなみなどの基本的な内容から、電話応対、来客応対なども学びます。
ビジネスマナーは、社会人としての信頼に関わるので新人研修でしっかりと身につけておくべき。ビジネスマナーを正しく理解していないと、取引先やお客様などに失礼な態度をとってしまう危険もあります。
また、ビジネスマナーを正しく身につければ、社内の風紀が乱れることもありません。
ビジネスマナーは、他の社員のモチベーションやパフォーマンスに関わることも多いので、新人の段階で身につけられるよう、研修に取り入れる必要があります。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキング研修は、矛盾がなく論理的で筋の通った考え方ができるようにする研修です。
具体的には、ロジカルシンキングに繋がるフレームワーク(ピラミッドストラクチャーやMECEなど)を使って、考え方を学ぶことが多いよう。判断において必要な材料を見つけ出したり、説得力を持たせて説明する能力を養えたりすることができます。
ロジカルシンキング研修を通して得られる効果は、「自主的に行動できるようになる」「根拠に則って意思決定できるようになる」「事実に基づいて物事を考えられるようになる」など。
座学スタイルの研修のほか、参加者同士でコミュニケーションを交わすグループワークスタイルの研修など、さまざまなスタイルで導入できます。

コミュニケーション研修

コミュニケーション研修は、シーン別に適したコミュニケーションを学んだり、「聞く・話す」能力を身につけたりすることが目的。コミュニケーションは、社内外の人間関係を円滑にするだけではなく、仕事のミスを防ぐうえでも必要。
新入社員の段階では、仕事のシーンに適したコミュニケーション能力が未熟なことが多いので、新人研修で学ぶ必要があります。
新人研修でコミュニケーション研修を取り入れることで、社会人としての第一歩を踏み出せるでしょう。

ビジネスマインド研修

ビジネスマインド研修では、社会人に必要な考え方や価値観、働く姿勢などを学んでいきます。
新入社員はまだまだ現場経験が浅く、社会人としてのマインドを身に付けられていません。社会人として働くにあたって、モチベーションや意欲、目標などは必要。仕事に対して前向きな気持ちを持てれば、パフォーマンスの向上にも繋がるでしょう。
また、新入社員のなかには、入社後の業務に高い理想を抱いていることも少なくありません。理想と現実のギャップで、モチベーションが下がることもあるでしょう。
ビジネスマインド研修は、そうした「精神面」にフォーカスを当てた研修。モチベーションや意欲の向上を促し、強い精神力を持つための研修として選ばれています。

フォローアップ研修

フォローアップ研修は、これまで行ってきた研修内容の定着率を高めるための研修です。
研修が一通り終了した後、一定期間が経過してから改めて行うことになります。研修内容は期間が経つにつれて徐々に忘れてしまうもの。参加者によっては、学んだ内容が十分に身に付いていないことがあります。
フォローアップ研修は、こうした事態を避けるため、「研修して終わり」にならないよう、フォローするための研修なのです。
具体的な研修内容は、過去の研修の振り返りや研修内容のテストなどが挙げられます。改めて身に付いているかをチェックすることで、参加者一人ひとりの課題を明らかにすることができます。

ロールプレイ研修

業務を体験するための研修として「ロールプレイ研修」があります。
実際の現場に立つわけではないものの、業務のイメージを掴めるだけでなく、マニュアルや進め方などを体感的に学べるのが特徴です。
接客業や営業、コールセンターなど、人と関わる業務が多い職種は、とくにロールプレイ研修が重要。研修を通して現場の雰囲気を掴むことで、実践でも役立てることができます。
また、上記の職種でなくても、「電話対応」「来客対応」「トラブルが起きたときの対応」など、さまざまなシチュエーションを想定したロールプレイ研修を導入できます。
インプットとアウトプットを同時に行える研修でもあるので、高い定着率が期待できる研修内容といえます。

新人研修を計画する際の注意点

新人研修を計画するにあたり、あらかじめ知っておくべき注意点があります。
せっかくの新人研修で失敗しないためにも、以下の内容を把握したうえで計画を立てましょう。

ゴールを明確にする

新人研修を計画するにあたり、まず注意したいのが「ゴールを明確にすること」です。
ゴールが不明確なまま「ひとまず参加者に学んでもらおう」というスタンスで実施をしても、効果的な新人研修にはなりません。
まずは、ゴールを明確にしてから、「必要な取り組み」をイメージしてみてください。

目的に合わせてカリキュラムを計画する

目的が明確になったら、カリキュラムを計画します。新人研修に導入できるカリキュラムは豊富であるうえに、内容によってはピンポイントな内容で設計されたカリキュラムも。
職種や業務内容によって適したカリキュラムは異なるので、他社の事例を真似するだけではなく、自社の職場環境などに合ったカリキュラムを実践することが大切です。

研修参加者の疑問点にはすぐに対応する

研修中や研修直後に参加者から疑問の声が挙がったらすぐに対応しましょう。
「この場合はどうするのか」「トラブルが発生したらどうするのか」など、参加者によっては研修内容に対して疑問が生じることがあります。
参加者から質問を受けた場合には、その場ですぐに回答することが大切。時間が経ってしまうと、参加者に不信感を抱かせる可能性があります。
可能な限り即答するイメージで、参加者の疑問と向き合うことを意識してください。

座学だけで終わらないようにする

新人研修を行う際には、座学だけで終わらないように工夫してみてください。座学スタイルのみの研修は、参加者が退屈に感じやすいだけでなく、集中力が低下してしまうなど、効果が半減してしまいます。念入りに準備した研修であっても、参加者のほとんどが身についていないといった事態に陥るかもしれません。
座学だけではなく、ユニークなアクティビティを取り入れることも検討してください。レクリエーションやアイスブレイク、ゲームなど、面白い企画は参加者の意欲を刺激し、集中力や主体性の向上を期待することができます。

必要に応じて外注する

新人研修は、必ずしも社内で準備や開催、フォローまで行う必要はありません。専門会社に依頼し、自社に代わって研修を実施してもらうという選択肢もあります。
専門会社は長年の実績と経験により、効果的な研修内容を熟知しています。自社の課題・目的に合わせて計画してくれるのも魅力。自社で全て対応するよりも、効果的な研修を実施できるのです。
また、外注することで本業に支障が生じてしまうリスクもなくなるので、必要に応じて外部の専門会社に相談してみてください。

新人研修におすすめの内容

ここからは、新人研修におすすめの内容をご紹介します。
「ユニークな新人研修を実施したい」「スキルアップに繋がる研修を取り入れたい」と検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

リモ研

「リモ研」は、株式会社IKUSAが提供するオンライン体験型研修です。
オンラインで研修を実施できるので、コロナ禍の現在であっても、感染リスクを気にすることなく取り入れられます。
具体的には、テレワークを行ううえで必要な知識を学び、謎解き脱出ゲームを楽しみながら学んだ内容を実践していきます。
インプットとアウトプットを同時に行えるので、より高い定着率を期待できます。

リモ研の資料ダウンロードはこちら

合意形成研修 コンセンサスゲーム ONLINE

株式会社IKUSAの「合意形成研修 コンセンサスゲーム ONLINE」は、合意形成を目的としたゲームを行う研修です。
この研修で選べるシチュエーションは、「ジャングルサバイバル」と「帰宅困難サバイバル」の2つ。ジャングルサバイバルは、クルージング中に遭難したというシチュエーションであり、帰宅困難サバイバルは、都市で大災害に見舞われたというシチュエーションです。参加者全員で話し合いながら、それぞれの状況で生き抜くための選択肢に優先順位をつけていきます。ただし、全員の合意を得たうえで、選択肢に優先順位をつけていかなければなりません。
「本当は別の選択肢のほうが重要だと思う」と考えている場合は、きちんと他の参加者に説明し、妥協せずに進めていく必要があります。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

チャンバラ合戦IKUSA-

「チャンバラ合戦IKUSA-」は、チームビルディングやコミュニケーションなど、社会人に必要な要素を遊びながら学べる研修。株式会社IKUSAが提供するサービスです。
スポンジ素材の刀を使い、腕に装着されている「命(ボール)」を落とし合います。チーム戦や個人戦など、さまざまなルールで楽しめるので、新人研修の企画としておすすめ。チーム戦では、事前に戦略を練り、味方と協力し合ってゲームを進めていきます。計画立案能力だけでなく、臨機応変な対応力や判断力も求められるので、楽しみながらも実践的なスキルを身に付けられるでしょう。
会場設営や進行などは株式会社IKUSAが担います。自社の手間を軽減しながら、効果的な研修を実施できるのが魅力です。

チャンバラ合戦の資料ダウンロードはこちら

謎解き脱出ゲーム

株式会社IKUSAでは、新人研修に導入できる「謎解き脱出ゲーム」を展開しています。
文字通り、謎を解き明かして脱出を目指すゲームですが、単純に遊ぶことだけが目的ではありません。役割分担をしながら謎解きを進めたり、お互いに意見を出し合ってヒントを見つけたりするなど、チームワークが求められます。
夢中になっているうちに、意識しなくてもチームワークを発揮できるようになり、「サポートし合うこと」「助け合うこと」の必要性や重要性を体感できるでしょう。
また、広いスペースは必要ありません。机と椅子があれば実施できるので、会議室やオフィスの一角でも楽しめます。

謎解き脱出ゲームの資料ダウンロードはこちら

ヒアリングチャレンジ

「ヒアリングチャレンジ」は、営業職にピッタリの研修内容です。
参加者は車の販売員という設定で、ゲーム内に登場するお客様のニーズを探っていきます。興味のある車種や家族構成、好みのカラーなどさまざまな視点から質問をして、お客様の本当のニーズを突き止めるゲーム。最終的にお客様のニーズに合った車を提案できれば成功です。
質問内容を選んだり、お客様の真意を読み取ったりする必要があるので、実践的なゲームといえます。

リモ探

「リモ探」は、それぞれが持つ断片的な情報をもとに推理を行う、協力型のゲームです。参加者は少人数から成る「小グループ」と、いくつかの小グループによって構成される「大グループ」の間を行き来し、情報を整理・共有することで真実を導き出していきます。できるだけ多くの参加者同士の交流を図りたい場合におすすめの研修です。

リモ探の資料ダウンロードはこちら

マナーストーリー

「マナーストーリー」は、ゲームを通してビジネスマナーを学べるのが特徴です。
2
1組でペアを組み、進行役と新入社員役にわかれます。新入社員役には3枚のチップが配布され、ゲーム内で誤ったビジネスマナーを選択すると1枚ずつ失っていきます。失ったチップを取り戻す方法はなく、減っていく一方です。
ビジネスマナーの知識を身に付けられるのはもちろんのこと、「誤ったビジネスマナーが信頼を失うことになる」という点を体感できるゲームです。

まとめ

今回は新人研修の目的やカリキュラム、注意点、おすすめ内容などをご紹介しました。
新人研修は適切に計画を立てなければ、求めている効果を得られません。また、研修内容も吟味しなければ、新入社員が意欲的に取り組めなくなってしまいます。
現在、新人研修の計画を考えている方は、本ページを参考にしながら、自社に合った研修を実施してください。

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す
オンライン研修
アクティビティ研修
人気の研修事例記事
研修事例記事一覧
タグ
オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。