アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • オンライン研修
  • ビジネスゲーム
  • オンライン
  • チームビルディング

新人研修にもおすすめ!チームビルディング研修に役立つ企画16選

新人研修において重要なのは、チームビルディングです。
社会人として活躍するにあたって、お互いに意見を出し合ったり、アイデアを共有したりするなど、チームで動くシーンは非常に多いもの。個人の能力やスキルを重視するだけでなく、チームで動くことの重要性を知ってもらうためにも、新人研修の段階でチームビルディングを取り入れる必要があるでしょう。
そこで、今回は新人研修におすすめできるチームビルディング企画をご紹介。メリットや取り入れる際のポイントにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

新人研修で「チームビルディング研修」がおすすめの理由

新人研修でチームビルディング研修を取り入れるメリットは何なのでしょうか。まずは、新人研修でチームビルディング研修がおすすめの理由をご紹介します。

社会人としてのコミュニケーションの基本を学べる

社会人としてのコミュニケーションの基本が学べる点は、新人研修でチームビルディング研修をおすすめする理由の一つです。「明確に伝えること」「相手を尊重して会話をすること」「聞き手に配慮して伝えること」など、社会人としてのコミュニケーションには、意識しなければならないポイントが多いものです。コミュニケーションの基本は、チームビルディングにより実践的に学ぶことが可能。実際に体感しながらコミュニケーションの基本に触れられるので、新入社員研修での導入がおすすめです。

社員間のコミュニケーションを円滑にする

新人研修でチームビルディング研修がおすすめの理由は、社員間のコミュニケーションをスムーズにするからです。
新入社員同士はもちろんのこと、先輩や上司、他部署の社員など、入社するとさまざまな人とのコミュニケーションが増えます。
チームビルディング研修として、社員同士の交流が増えれば、実際の現場でも円滑なコミュニケーションを築けるでしょう。

ビジネスシーンの正しいコミュニケーションを理解できる

新人研修でチームビルディング研修を取り入れることで、ビジネスシーンの正しいコミュニケーションを理解できます。
ビジネスシーンでは、尊敬語や謙譲語など相手を敬った言葉遣いが必要不可欠。挨拶や応答、相槌などもビジネスシーンにふさわしいものでなければなりません。
チームビルディング研修では、ビジネスシーンにおける正しいコミュニケーションを理解することに繋がります。
最近では、ゲーム感覚でコミュニケーションを学ぶ企画も多く、参加者が意欲的な姿勢で研修を実施できます。

同期・同僚との絆を深める

同期・同僚との絆を深めるためには、新人研修でのチームビルディングが重要です。
チームビルディングでは、基本的にコミュニケーションが必要不可欠。コミュニケーションが活性化できれば、必然的にお互いの理解が深まり、結果的に絆を深めることが可能です。
ビジネスシーンにおいて希薄な人間関係は致命的な問題になる可能性も。生産性やパフォーマンス、仕事への意欲にも関わることなので、同期・同僚との絆を深める必要があります。

新人研修でチームビルディング研修を取り入れる際のポイント

新人研修でチームビルディング研修を取り入れる場合、どのようなポイントを意識すればいいのでしょうか。
研修を成功させるために、チームビルディング研修を取り入れる際のポイントを見ていきましょう。

積極的に発言できる企画を選ぶ

新人研修でチームビルディングを取り入れるにあたっては、発言機会の多い企画を選ぶことが重要なポイントです。
チームビルディングの効果を期待したいなら、コミュニケーションが重要。受け身な姿勢で学ぶような企画は好ましくありません。
新人研修のチームビルディングでは、参加者全員が発言できるような内容にすることが重要なのです。「意見を出し合う」「自分のことについて話す」「お互いに質問する」などの要素がある企画が好ましいでしょう。

全員が理解できる企画を選ぶ

新人研修でチームビルディングを取り入れる場合には、全員が理解できる企画であることが重要です。企画によっては、専門性が高く一部の参加者にしかわからない内容もあるでしょう。「特定の業務システムに関するテーマ」「特定の趣味に特化したお題」などは、全員が理解できるとは限りません。
参加者全員が理解できなければ、一部の人の意欲や集中力の低下を招くリスクがあります。
そのため、シンプルな企画や一般的な知識だけで楽しめるテーマを選ぶことが大切です。

レクリエーション要素のある企画がおすすめ

新人研修でチームビルディングを取り入れるにあたって注目したいのが、レクリエーション要素のある企画です。
新人研修というと、座学的なイメージがあるでしょうが、チームビルディングにおいては、レクリエーション感覚で楽しめる企画がおすすめです。
楽しい企画であればコミュニケーションが生まれやすいうえに、チーム対抗で協力することもできます。
座学でチームビルディングを学ぶよりも、レクリエーションで実際に体験するほうが定着率も高い傾向にあるので、ぜひ検討してみてください。

進行役を配置する

進行役の配置は、新人研修におけるチームビルディングで重要なポイントです。
チームビルディング研修では、進行役を配置しないとスムーズに企画を進められない場合があります。時間を確認しながら、計画的にプログラムを進めたり、状況を見ながら参加者に指示を出したりするなど、さまざまな対応が求められるのです。
進行役を配置する場合には、進行の経験が豊富な担当者を選ぶ必要があります。予期せぬトラブルが発生することもあるので、柔軟に対応し、滞りなく進められる能力を持つ進行役が必須です。

新人研修におすすめのチームビルディング企画16

ここからは、新人研修におすすめのチームビルディング企画をご紹介します。
レクリエーション感覚で楽しめる企画やゲーム要素の強い企画など、多種多様な16の企画を紹介しているので参考にしてください。

1.リモ謎

新人研修におすすめのチームビルディング企画として、まず挙げられるのが「リモ謎」です。
「リモ謎」は、株式会社IKUSAが展開しているオンラインのチームビルディングアクティビティ。オンライン環境で協力しながら謎解き脱出ゲームを楽しめます。本格的な演出に加え、進行役もIKUSAが担うので、新人研修担当者の負担を減らして実施可能です。
新型コロナウイルス等の感染リスクもなく、テレワークの練習としてもリモ謎が注目を集めています。

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

2.合意形成研修コンセンサスゲーム ONLINE

「合意形成研修コンセンサスゲーム ONLINE」は、株式会社IKUSAが提供するビジネスゲームです。
コンセンサス(合意形成)を目的としたゲームのため、コミュニケーションが必要不可欠。ストーリーの内容に沿って、複数の選択肢に優先順位をつけていきます。
参加者全員で話し合い、納得したうえで優先順位を決定するので、「説明する能力」「考えを言語化する能力」などの向上を期待できるでしょう。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

3.チャンバラ合戦IKUSA-

株式会社IKUSAが提供する「チャンバラ合戦IKUSA-」は、広い会場で楽しめるチャンバラ合戦です。
使用するのは柔らかいスポンジ素材の刀と、「命」を意味するボール。参加者全員が腕に「命」を取り付け、お互いに刀で落とし合うゲームです。
個人戦やチーム戦など、さまざまなルールで導入できるのが魅力。チームビルディングであれば、2チームにわかれて競うのがおすすめです。
設備や演出など、戦国時代を感じられる世界観で楽しめます。

チャンバラ合戦の資料ダウンロードはこちら

4.謎解き脱出ゲーム

株式会社IKUSAが展開している「謎解き脱出ゲーム」は、リアルで楽しむチームビルディングアクティビティです。
場所を問わずに実施できるので、広い会場は不要。会議室やオフィスの一角などでも楽しめます。数々の謎を解いて制限時間以内に脱出を目指すのが基本的なルール。緊張感のある世界観で楽しめるだけではなく、チームでの協力が重要なゲームなので、チームビルディング効果を期待できます。

謎解き脱出ゲームの資料ダウンロードはこちら

5.サバ研

「サバ研」は、サバイバルゲームがベースのビジネス向けアクティビティ。
近年注目を集めているフレームワーク「OODA LOOP」を体感し、学びながら楽しめるのが特徴です。株式会社IKUSAが提供する企画で、ルール説明や進行、備品の貸し出しに至るまですべて任せることができます。
「サバ研」では、臨機応変な対応や判断、意思決定などが求められる場面が多いので、ビジネスシーンに必要なスキルを身につけられます。

サバ研の資料ダウンロードはこちら

6.マーダーミステリー

「マーダーミステリー」は、架空の殺人事件をテーマとした推理ゲームです。
物語の登場人物になりきって、犯人を突き止めるのが基本的なルール。
参加者は決められた役のバックボーンや設定を確認し、登場人物のつもりで発言します。犯人役は1人のみで、ほかの人は誰が犯人であるのかわかりません。
コミュニケーションを重ねながら、お互いの発言の矛盾点を探り出し、最後に投票で「犯人だと思う人」を選びます。
過半数以上が犯人役に投票したら他の登場人物の勝利です。

7.人狼ゲーム

「人狼ゲーム」は、前項のマーダーミステリーをややシンプルにしたイメージのゲームです。
参加者のうち1人を人狼役に設定し、他の参加者は村人役に設定します。人狼役は本人以外には正体がわかりません。ゲーム内で夜になるたびに人狼役が村人役を1人ずつゲームから退場させていきます。
人狼役は自分の正体がバレる前に村人役を全滅できたら勝利です。村人役は全滅させられてしまう前に人狼役の正体を突き止めたら勝利です。

8.ドミノ

シンプルかつ簡単なチームビルディング企画といえるのが「ドミノ」です。
大量のドミノを準備し、チームごとにドミノを並べていきます。制限時間は1時間程度がおすすめです。
制限時間に達したら、すべてのチームが一斉にドミノを倒し、最も長く倒れ続けたチームが勝利です。
シンプルですが、お互いに戦略を立てたり、ミスをフォローし合ったりするなど、チームビルディングの要素が多いといえます。

9.ブレインストーミング

「ブレインストーミング」は、チームビルディングの定番企画の一つです。
特定のテーマに対して参加者がとにかくたくさんのアイデア・意見を出していくというもの。明確な正解は設けず、自由な発想を重視する企画です。
参加者同士で議論が白熱することも少なくありません。あらかじめ「他者の発言に対して否定的な意見は出さない」などのルールを設けておくと、トラブルを防ぎつつ、チームビルディング効果を期待できます。

10.ペーパータワー

新聞紙とテープを用意するだけで実施できる「ペーパータワー」。新人研修のチームビルディングにおすすめできる企画です。
参加者を複数人ずつのチームにわけ、新聞紙でタワーを作っていきます。制限時間以内に最も高いタワーを作れたチームが勝利です。
手を離すと倒れてしまう場合には失格となるので、バランスを整えたり、支える部分を増やしたりするなどの工夫が必要です。

【実践動画あり】ペーパータワーとは?やり方・ルール・研修やチームビルディングで期待できる効果まで徹底解説!

ペーパータワーを実際にやってみた動画はこちら!

11.宝探し

「宝探し」もチームビルディング企画としておすすめです。
謎を解いて宝を探し出すのが基本的なルールですが、「会社に関する謎」「業務内容と絡めた謎」など、謎を自由に設定できるのが魅力。宝を探す時間の早さを競うチーム戦にすれば、同じ目的を目指して協力し合えるでしょう。
宝探しの景品を豪華な内容にしたり、既存社員のコミュニケーションが必須な謎を設けたりするなど、楽しめる要素を増やしてみてください。

12.地図作り

「地図作り」は、コミュニケーションや情報の整理能力などが求められるゲームです。
まず、参加者一人ひとりに「南側に○○」「西側に△△」「道路脇に××」などの断片的な情報を与えます。参加者はお互いに情報を口頭で伝え合い、内容を整理しながら地図を書き出していきます。最終的に正解の地図と作成した地図が同じであればクリアです。
自分の持つ情報を正確に伝えることが重要であり、必然的にコミュニケーションの活性化を期待できます。

13.桃太郎村の地図

「桃太郎村の地図」は、前項の地図作りに似たゲームです。
参加者それぞれに複数枚のカードを配布。カードの中身を見せずに、自分の持つ情報をほかのプレイヤーに伝えます。最終的なゴールは「村長の家を突き止めること」なので、地図の全体像を把握し、どの方角に何があるのかなどを共有する必要があります。
ゲーム感覚でチームビルディングを楽しめるのが魅力です。

14.レゴ

ブロックを組み立てていくだけのシンプルなチームビルディングが「レゴ」です。
特定のテーマを設定し、参加者がテーマに沿って自由にレゴブロックを組み立てていきます。完成したらお互いに工夫した点や、ポイントなどを紹介。お互いの完成品を見せ合って、意見を交換するのもいいでしょう。
単純なブロック遊びに見えますが、発想力の刺激になったり、自分との価値観の違いを知ったりするきっかけに。
あらかじめブロックを配布しておけば、オンライン環境でも実施することができます。新型コロナウイルスの感染状況に不安を感じる場合は、オンラインでの実施もおすすめです。

15.マシュマロリバー

「マシュマロリバー」は、全員での協力が必要なチームビルディングです。
チーム全員がチョコレートの川の向こうへ渡るというストーリー設定のもとゲームを進めていきます。川を渡るためにはマシュマロを川に浮かべて足場を作る必要があり、マシュマロから足を離すとマシュマロが川に流されてしまうので、工夫しながら全員が川の向こうへ行かなければなりません。

マシュマロリバーに必要なのは、ロープ2本とマシュマロに見立てたA4サイズの紙。紙は、参加人数より2枚少ない数を準備します。
「マシュマロリバー」の具体的なやり方は次の通り。
まずは、川岸に見立ててロープを数メートル離して並べます。参加者は片方の川岸(ロープ)に集合。足場となるマシュマロ(紙)を並べて、反対側の川岸(ロープ)を目指します。紙はチームの誰かの体が触れていないと流される設定です。一度流された紙はもとに戻せないので、進行役が回収します。チーム全員が対岸にたどり着けるとクリアです。

16.SDGsビジネスゲーム ワールドリーダーズ

「ワールドリーダーズ」は、企業のためにつくられた企業経営を体験できるSDGsビジネスゲームです。

各チームは企業として戦略を立て、労働力や資本を使って利益を競いますが、利益を追求するだけでは次第に企業としての価値を向上させることが難しくなります。

長期的な利益を生むため、各チームは環境や社会など様々な要素を考慮し、最終的に多くの資金を稼いだチームの勝利です。

チームで戦略を練り、その場に合った選択をしていかなければならないため、深いコミュニケーションが取ることができ、チームビルディングにつながります。

ワールドリーダーズの詳細はこちら

まとめ

本ページでは、新人研修におすすめのチームビルディング企画をご紹介しました。
チームビルディングの内容に悩んでいる方や、新人研修の企画に迷っている方は、今回ご紹介した内容をヒントにしてみてはいかがでしょうか。
なお、IKUSAでは、新人研修向けのユニークな企画を多数展開しています。気軽にご相談ください。

 

参考サイト:

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す
オンライン研修
アクティビティ研修
人気の研修事例記事
研修事例記事一覧
タグ
オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。