アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • 研修
2021.11.15
  • チームビルディング

ユニークなチームビルディング研修20選!企業事例も紹介

「チームビルディングのために何をすればいいかわからない」
「チームビルディングにおすすめの取り組みを教えてほしい」

チームビルディングの重要性はわかっていても、具体的に研修で何をすればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

チームビルディングの活動を決める時のポイントは、ユニークであることです。ユニークなアクティビティは参加者の興味を引くだけではなく、自然と盛り上がります。

本記事では、チームビルディングにおすすめのユニークなアクティビティや企業事例をご紹介します。思わず導入したくなるようなおもしろいゲームをピックアップしましたので、ぜひご一読ください。

チームビルディング研修におすすめ!ユニークなアクティビティ20選

まずは、チームビルディング研修に取り入れてほしいユニークなアクティビティ20選をご紹介します。

リモ謎

「リモ謎」は、オンライン上において、チームで協力して謎解きゲームを解いていくアクティビティです。研修で謎解きゲームをするだけでも真新しいですが、同ゲームはプログラムも非常にユニークです。

たとえば、「終わらないリモート会議からの脱出」は、オンラインミーティング中に、コンピューターがウイルス感染によってハッキングを受けてしまうという設定です。個人情報や社外秘の情報が漏れる前に、ウイルスを駆除するため、謎を解いていきます。

メンバーで話し合わなければ謎を解けない仕様になっているため、必然的にコミュニケーションが活性化します。Zoomなどのビデオ会議ツールを準備するだけで実施できますので、ぜひ提供元の株式会社IKUSAまでお気軽にお問い合わせください。

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

ジャングルサバイバル

「ジャングルサバイバル」は、クルーズ船が大破してしまい、辿り着いたジャングルから脱出するために、使用するアイテムの順番を話し合いで決めていくアクティビティです。合意形成研修の一種で、チームで意思決定に至るまでの過程やポイントなどを学べます。

非日常感があるシチュエーションに高揚感を抱き、自然とゲームに没頭できるはずです。合意形成研修というとグループディスカッションやケーススタディなど、真面目な取り組みが行われる場合も多いですが、同ゲームであればユニークなシチュエーションで、多くの学びを得られます。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

帰宅困難サバイバル

「帰宅困難サバイバル」も、ジャングルサバイバル同様、合意形成研修のひとつです。災害で崩壊した都市から自宅へ帰るために、チームで話し合い、アイテムの適切な使用順序を決めていきます。

自分の身だけではなく、周囲の安全性も配慮しつつ判断する必要があります。ユニークなシチュエーションなのはもちろん、役立つ防災知識が得られる内容です。チームビルディング研修だけではなく、防災研修にも活用できますので、ぜひお試しください。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

おうち防災運動会

オンライン上で運動会を開催するという個性あふれるアクティビティが「おうち防災運動会」です。

家の中にあるものを集める「非常食探索トライアル」や、間違い探しを通じて防災知識を習得する「防災間違い探し」など、個性的な種目を揃えられています。

コミュニケーションが取りにくいリモート環境のなかで、制限時間内に競技をこなす緊張感や臨場感は、通常業務では味わえない感覚です。同ゲームを活用して、現代に必要な防災知識を楽しみながら得ましょう。

おうち防災運動会の資料ダウンロードはこちら

チャンバラ合戦-IKUSA-

「チャンバラ合戦-IKUSA-」は、日本で唯一、戦国時代の合戦をモチーフにした多世代型アクティビティです。チャンバラで相手の腕に備え付けられたボールを破壊するシンプルなルールなので、老若男女誰でも楽しめます。

全国各地で年間100件以上開催しているため、実績も十分。利用者の声を聞くと、満足度95%以上と驚きの数字を獲得しています。熱狂を約束できますので、ぜひチームビルディングに同ゲームを取り入れ、骨の髄まで楽しんでください。

チャンバラ合戦の資料ダウンロードはこちら

サバ研

チームでサバイバルゲームを実施し、次世代に通用するリーダー育成を目指すゲームが「サバ研」です。米軍発祥の勝つための理論「OODA LOOP」を取り入れた日本初のゲームです。

初めてサバイバルゲームをやる方にとっては安全面が心配になるかと思いますが、プロのスタッフがエアガンの打ち方を指導しますので安心してください。

サバ研の資料ダウンロードはこちら

謎解き脱出ゲーム

参加者が物語の主人公になり、仲間と協力しながら謎を解き、閉じ込められた空間からの脱出を目指すゲームです。脱出ゲームは爆発的な人気を誇っているため、研修で実施すると聞けば、よろこんで参加する方も多いでしょう。

最大のメリットは、広いスペースが必要にならない点です。会議室程度のスペースと机、イスを準備するだけで、ゲームを存分に楽しめます。

謎解き脱出ゲームの資料ダウンロードはこちら

防災運動会

運動会に防災の要素を取り入れたのが「防災運動会」です。「防災クイズラリー」や「防災借り物競争」といったユニークで多種多様な種目を提供しています。今までに体験したことがない運動会を経験できますので、参加者は自然と盛り上がること請け合いです。

同ゲームは地産地防を意識しており、開催する地域に応じて内容をカスタマイズできる点も特徴です。一風変わった運動会を実施したいという方は、ぜひ導入をご検討ください。

防災運動会の資料ダウンロードはこちら

クッキング

「クッキング」は、チームで料理に取り組むというシンプルな研修です。「ただのホームパーティーじゃないか」と思われるかもしれませんが、実は、料理はチームビルディングと関係が深いのです。

チームビルディングの重要要素である、リーダーシップ・タイムマネジメント・チームワーク・目標設定・相互理解の5つを効率よく学べます。

THE商社

THE商社」は、複数人でチームを組み、他のチームと交渉しながら、自社を拡大していくビジネスゲームです。ビジネスシーンにおける交渉では、互いにwin-winの関係を作ることがポイントです。

こちら側の要求はしっかりと伝え、かつ相手の要求も受け入れなければなりません。同ゲームでは、こうした交渉の及第点を実践形式で学べます。

マシュマロチャレンジ

「マシュマロチャレンジ」は、マシュマロ、パスタの乾燥麺、テープ、紐を使って、より高いタワーの構築を目指すゲームです。

同ゲームの特徴は、PDCAサイクルを実践形式で学べる点。他チームより高いタワーを構築するためには、頭でっかちな思考に陥らず、計画→実行→評価→改善の過程を何度も経験しなければなりません。

なお、世界記録は99cmなので、1m越えのタワーを形成し、歴史に名を刻むことを目指してみるのもおすすめです。

陽口ワーク

本人がいないところで対象者を褒める陽口を、チームのメンバーでいい合うのが陽口ワークです。陽口をいう側は、他人のいいところを見つけるスキルを鍛えられ、いわれる側は、自分でも気づくことがなかった長所を発見し、承認欲求も満たされます。少し恥ずかしい部分もありますが、良好な人間関係を形成するコツをつかめるゲームです。

モンスタービルディング

モンスターの一部が描かれたカードの情報を組み合わせて、1体のモンスターの全体像を完成させるゲームが「モンスタービルディング」です。完成させるモンスターは「怪獣ゴモラ」と「この世をさまようナイト」の2種類。

メンバーに自分のカードは見せられないため、口頭で情報を伝えなければなりません。全体像がイメージできるよう、わかりやすくカードの情報を相手に伝える必要があります。

ウソつき当てゲーム

お題に沿って会話を進めていき、1人だけウソをついている人を当てるゲームです。制限時間内にウソつきを見つけるためには、質問の内容も考えながら会話を進めていかなければなりません。

普通に進行するだけでも盛り上がりますが、テーマを工夫すればもっとおもしろくできる可能性もあります。企画側の発想力も求められるゲームだといえるでしょう。

口パク伝言ゲーム

その名のとおり、口パクでお題を伝達するのが「口パク伝言ゲーム」です。お題が長いと正解に辿り着くのが不可能になってしまうので、ある程度短いテーマを選定する必要があります。

たとえば、「朝起きて鏡を見たらゴリラになっていた」「ハーゲンダッツの抹茶味が一番おいしい」程度の長さがおすすめです。仮に正しく伝わらなかったとしても、正解とのギャップが大きければ、発表時は大いに盛り上がることでしょう。

ダブルダッチ

ダブルダッチはロープを2本使って行うなわとびです。単なる遊びにも思えますが、集中力や持久力、チームワークなど、ビジネスに必要となるさまざまなスキルを学べます。

ダブルダッチは、2分間にどれだけの回数飛べるか競うスポーツであるため、スピードが重要です。絶対にミスはできない緊張感に包まれながら、最大限のパフォーマンスを発揮する極限状態を経験できます。

カーリング

オリンピックで活躍した日本代表選手の「そだねー」の流行語で有名になったカーリング。実は、チームビルディングのアクティビティとしても効果を示します。

カーリングで勝つためには、知能とチームワークが重要です。数手先まで考えて戦略を構築し、ストーンの軌道を見て臨機応変にブラッシングの位置を変える必要があります。

また、エンドごとに役割が変わるので、次の人がやりやすいよう、引き継ぎをしっかりと行わなければなりません。

無人島体験

実際に無人島まで出向き、チームで謎解きチャレンジを実施する研修です。無人島に隠された宝箱のカギの在りかを、他チームとの交流も交えながら見つけていきます。

「無人島体験」は、研修と同時に社員旅行としても利用でき、社員同士の交流を深めたいシーンに適しています。無人島に残された自然や遺跡なども堪能できるため、観光にも使え、「一石三鳥」となるアクティビティです。

ディインヒビタイザー

「ディインヒビタイザー」は、失敗を許容することで心の壁を取り払う活動です。チームを結成したばかりの頃は、まだメンバー同士が打ち解けておらず、活発な議論が生まれにくい状態です。同ゲームを実施すれば、初対面同士でも感情の抑制をなくし、一気に距離を縮められます。

ヘリウムリング

「ヘリウムリング」は、全員が人差し指だけでフラフープを持ち、誰も指を離さずに地面に下ろすことを目指すゲームです。

ヘリウムリングは意外と難しく、下げようとしているのに、緊張で力が入り、逆に上へとあがってしまう場合があります。課題クリアのためには、チーム全員が息を合わせ、フラフープを持つ位置や下ろすスピードに細心の注意を払わなければなりません。

ユニークなチームビルディング研修事例

続いては、実際に企業が取り組むユニークなチームビルディング研修の事例をご紹介します。

ウォーキング研修(株式会社ぐるなび)

株式会社ぐるなびは、社長と従業員が散歩をしながら交流を深めるウォーキング研修を実施しています。

ウォーキングでは同じ方向を向いて肩を並べて歩くため、物理的にも心理的にも互いの距離が近づきます。また、運動により気持ちが前向きになる効果も期待できるでしょう。

実際に、「コミュニケーションを取りやすくなった」「アイディアが出やすくなった」と社内からは絶賛の声が挙がっており、今ではウォーキング会議がオフィシャルなものとなっているとのことです。

しょうゆ造り研修(大和美術印刷株式会社)

姫路に本拠を構える大和美術印刷株式会社は、しょうゆ造りというユニークな研修を行っています。同研修がスタートしたきっかけは、専務が工場見学で利用した醤油会社の社長の人柄や仕事ぶりにほれ込んだからだそうです。

研修時には、時間の有効な使い方や作業の効率化など、仕事に活かせる部分も多々あります。新人研修にユニークな取り組みを行う企業は増えており、しょうゆ造り研修もそのひとつです。

ライオンキング研修

新人研修でミュージカルの「ライオンキング」の鑑賞を取り入れる企業もあります。

この研修の目的は、「仕事では主役だけではなく脇役も重要」という点に気づくことです。しかし、研修前にこの目的を従業員に明かすことはしません。

事前に従業員に伝えるのは、「これは研修であること」「後にレポートを提出する必要があること」の2点だけです。研修の目的を教えるのではなく、自分で気づかせたいと考えたため、上記のようなルールを設定しています。

研修を受けた人のレポートを読むと、意図に気づく社員もいるようなので、察するスキルが身につく取り組みだといえるでしょう。

ヒッチハイク研修(株式会社イカイ)

静岡県に本社を構える株式会社イカイは、ヒッチハイクによって50km以上先の目的地に辿り着かせる過酷な研修を行っています。従業員は財布とスマートフォンを取り上げられ、体ひとつで対応力とコミュニケーション力を駆使して苦境を乗り越えなくてはなりません。

入社直後に厳しい状況を余儀なくされる鬼のような研修ですが、ヒッチハイク研修によって、タフさや自信が身につくのは確かです。うまく目的地まで辿り着ければ、成功体験が得られ、後の社会人生活でも通用する強さを得られます。

また、同社はヒッチハイク研修で成果を出した社員に好待遇を与えています。20代で営業所長に抜擢されたり、30代で専務に任命されたりと、地位や権限で報いを得られるのも、この研修の特徴です。

漫才研修(株式会社アップガレージ)

中古カー用品を販売する株式会社アップガレージでは、新人同士でコンビを組み、即興で漫才を行う独特な研修を実施しています。

車の知識とはまったく関係ない内容ですが、度胸や話の組み立て方を習得させるために、漫才研修を実施しています。

内気な性格だったり、話すのが苦手だったりする人にとっては、辛い思いをする研修です。しかし、窮地に追い込まれることで、正念場でも負けない精神力を身につけられます。

たとえ優勝できなくても、恥ずかしい思いをしてまで漫才を行った経験は、後の自信に繋がるでしょう。

お寺で合宿研修

禅寺での合宿を通じて、ビジネス基礎力や人間力を鍛える研修を実施している企業もあります。AI時代・ウィズコロナ時代が到来している先行き不透明な状況を乗り越えるためには、強い精神力が必要です。

作務や座禅、茶道などによって、ビジネスパーソンが押さえるべき5つの基本理念「素直・自省・謙虚・奉仕・感謝」を体得できます。他にもビジネスマナーや気づき力、チャレンジ精神といった幅広いスキルを学べます。

楽しい研修とはいえないかもしれませんが、ストイックな社員を育成したいならおすすめの内容です。

社長と海外研修(株式会社キャパ)

システム開発を手掛ける株式会社キャパでは、社長と新入社員が一緒に海外で最新のテクノロジーを学ぶというおどろきの研修を行っています。

アメリカのサンフランシスコやシリコンバレーに赴き、世界最先端をゆくIT企業群から、最新テクノロジーを学ぶことが可能です。

社長と新入社員たちは数日間、寝食をともにするため、相互理解の促進にも繋がります。

まとめ

チームビルディング研修には、ユニークなアクティビティを取り入れると効果的です。本記事では、体を動かすものから、頭をフルに使うものまで、幅広いアクティビティをご紹介しました。

いずれも独創的な取り組みばかりで、研修に取り入れれば、盛り上がりは必至です。オリジナルのアクティビティを考案したい場合には、実際の企業が取り組むユニークな研修を参考にアイディアを考えましょう。

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す

オンライン研修

アクティビティ研修

人気の研修事例記事

研修事例記事一覧

タグ

オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。