アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • 研修
2022.01.06
  • チームビルディング

新人研修の目的・目標設定は結果に直結|定める際のポイントや注意点について解説

新入社員が会社での働き方を学ぶために重要となる新人研修。業務のやり方や社会人としてのマナーを学び、一人前のビジネスパーソンになるための基礎を積めます。多くの企業では、新人研修を念入りに準備し、その年の人材育成に力を入れているのではないでしょうか。

しかし、新人研修の「実施」が目的となっていては、結果は得られにくくなります。新人研修を効果的に進めるためには、適切な目的や目標が重要です。そこで今回は、新人を効果的に育てていくための目的・目標設定のポイントや注意点について解説していきます。

新人研修の主な目的とは

まずは、新人研修の目的について確認しておきましょう。新人研修を導入する企業は多いですが、その目的を深く考察する機会はそう多くありません。そこで目的を設定する際のポイントを学習する前に、新人研修を実施する理由を明確にしておきます。ここでは新人研修の主な目的について、3つに絞ってご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

会社の理念や目的意識の共有

会社の一員として活躍するためには、会社の理念や目的意識の理解が重要です。新人が会社の中で自身の役割を知るためには、会社がどこに向かっているのかを知る必要があります。また、新人研修は結果として会社全体の結束を強めますので、これからの厳しい時代で生き残るための土台を構築できるでしょう。会社としての底力をつけるための準備としても、新人研修は活用できるのです。

自発的なコミュニケーションの促進

職場の働きやすさは、人間関係に依存する部分があります。そのため、自発的なコミュニケーションを促せる新人研修は、社内の活力を高める効果が期待できます。新人は新しく学ぶことばかりで、疑問点も多く生まれるため、気軽にサポートし合える環境づくりをサポートできるという面で、新人研修は円滑な労働環境の構築に繋がります。

ビジネスマナーや業務スキルの習得

社会人経験のない新入社員であれば、覚えなければいけないことが膨大にあります。ビジネスメールや来客対応といった基本的なビジネスマナーや、業務で必要となるスキルなどについて、研修をとおして習得できれば、その後の働きやすさは大幅に向上するでしょう。また、新入社員と上司の関係性も構築されますので、仕事上の細かいコミュニケーションも円滑になりやすいです。

新人研修で目的・目標を設定して得られるメリット

続いて、新人研修で目的や目標を設定する必要性について考えていきましょう。ここでは、目的や目標を設定して、新人研修を進めていくことで得られるメリットについて解説していきます。

新入社員の成長のために最大限のアプローチができる

新人研修で目的や目標を設定して得られるメリットの一つに、その先の効果の最大化が挙げられます。新人研修であれば、新入社員の成長の促進が成功基準といえるでしょう。あらかじめ研修の目的を決めて準備に取りかかることで、よりよい施策を選べますので、例年の課題が明確であれば、それを解決するための研修内容を設計できます。

研修内容を問わず、目的から逆算して最適な手法を取り入れることは、結果に結びつきやすいといえます。新入社員の成長を促す効果的な新人研修を実施するためにも、目的や目標の設定をおろそかにしないようにしましょう。

次年度以降の新人研修に活かせるデータが取れる

目的や目標を設定して研修を組み立てることで、新人研修における目標・目標の達成度に関するデータが取れます。

  • 目的に対するアプローチ
  • 新人研修のコンセプトの有用性
  • 目的に対する効果の度合い
  • 次年度に向けた改善点

上記のように、新人研修に関する独自のノウハウを社内で貯められます。よくあるテンプレートに則った新人研修では、新入社員の属性に合った内容を取り入れることはできません。そのため、データの蓄積が重要なのです。事前にゴールを設定することは、目先の成果だけでなく、将来の大きな成果に繋がるといえるでしょう。

研修内容に一貫性が生まれる

目的をもって新人研修を準備すれば、成果に対して最適化された内容を取り入れることが可能です。新人研修の軸が整えば一貫性が生まれますし、新人としても何に注目すべきかわかりますので、研修を受ける姿勢も整うでしょう。

目的を設定する際には、まず明確な道筋を立て、新しい要素を枝葉として付け加えるのがおすすめです。工夫を凝らした軸を定めることによって、企業のブランド性を高める効果も期待できます。

無駄なリソースの消費を回避できる

新人研修を行うにあたり、当然ながらコストがかかりますが、目的の設定により、無駄なリソースの消費を回避できます。これは獲得したい成果に向けて動き出せるので、まったく見当違いな企画を採用しづらくなるからです。企業とはいえ、予算は有限。効果的な施策を打つと同時に、費やした時間やお金を無駄にしないようにしましょう。

また、毎年の反省として、目的の設定と企画を振り返って記録しておくと、次の年の効率も大幅に向上します。ノウハウを積み上げながら、無駄のない新人研修を目指してください。

新人研修で目的・目標を設定する際の注意点

ここからは、新人研修の目的・目標設定の注意点について、具体的に触れていきます。目的を立てるのが良い結果に繋がりやすいのは事実ですが、「目標の設定が目標」になってはいけません。ここでは目標の設定における4つの注意点をご紹介しますので、新人研修の担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

新入社員に求めることを明確にする

自社が新入社員に何を求めているのかを明確にして、目的や目標の設定を行いましょう。新人研修の内容によって、新人が働く際に意識するポイントは変わります。「現在の会社の方針がこうだから、新人にはこれを中心に習得してもらう」など、求めているスキルを伸ばせる目標を決めましょう。確実に業務につながる内容を採用した新人研修は、自ずと効果も出てくるはずです。

また、新人はまだ何も先入観のない吸収力の高い状態で入社しますので、そのポテンシャルを最大限に活かすために、最初に会社で働く上で重要な要素を押さえておくのがおすすめです。これからの成長率にも関わってきますので、新人研修の方向性を決める際には意識してみてください。

抽象的な内容は避ける

新人研修の内容は、できるだけ具体的なものにしましょう。たとえば、ビジネスマナーに関しての研修であれば、「取引先の方への対応手順は、○○の場合はこうする」のように具体例を交えるのがおすすめです。新入社員は、業務に関するイメージやサンプルが少ないため、理解しやすい土台を設計してください。

具体例が多ければ、抽象的な内容であっても理解しやすくなります。結果的に、新入社員の成長促進に繋がるでしょう。特に会社の理念などは内容が抽象的になりがちなので、意識して具体例を取り入れることをおすすめします。

新卒採用と中途採用で分けて考える

新人研修は、大きく分けて新卒採用と中途採用の2種類があります。効率的な研修内容にするためには、両者を分けて考えることが重要です。それぞれの理解度に合わせた内容の調整や、コンセプトの変更などが求められます。

  • 新卒採用:ビジネスマナーや業務に必要なスキルなど、社会人に求められる基本的な内容が中心
  • 中途採用:即戦力として育成するため、業務に直結する内容を重視

上記のように、それぞれ求められる役割が異なるため、新人研修の方向性を決める際には注意が必要です。一方で、それぞれにマッチした新人研修にできれば、会社全体の生産性も上がります。

ハードルが高すぎる目標を設定しない

目標を設定して準備をすることは重要ですが、あまりにもハードルが高い目標を定めてしまうのも避けましょう。あくまで現実的に可能な範囲で考えることが望ましいです。というのも、実現しづらい目標を設定してしまうと、以下のような問題が懸念されます。

  • 新人研修の内容が中途半端に
  • 目標に対する準備を評価しにくい
  • リソースが不足する
  • 手段が目的になってしまう

まずは、現実的な目標をクリアし、その先に大きな目標を設定すると良いでしょう。リソースには限りがありますので、最初は必要最低限なラインの達成を目指してください。

新人研修の目的は新卒採用と中途採用で異なる

先ほど新卒採用と中途採用で新人研修の内容を分けることについて触れましたが、ここからさらに内容を深堀します。新しく入社したという点以外は異なる属性を持っているため、それぞれに適したアプローチ方法を理解して、新人研修の準備にお役立てください。

新卒採用向けの新人研修は、社会人としての基本を学ぶところから

新卒採用の新人には、社会人の基礎的なマナーや、WordExcelなどのスキルから教えるのが良いでしょう。学生から社会人になった方がほとんどの新卒社員なので、ビジネスで求められる常識を知らない前提で、実務前に社内外での適切な振る舞いを教えるのがおすすめです。

ビジネスシーンにおける常識を知らなければ、意図せず失礼になってしまうこともありますので、未然にトラブルから新人を守る意味でも重要でしょう。

中途採用向けの新人研修は、企業理念の理解と即戦力人材の育成

中途採用の新人には、できるだけ早い業務への着手が求められます。ビジネスにおける基礎的なマナーやスキルはおさらい程度にして、業務に関する本格的な内容を重視するのがおすすめです。また、会社の理念や目的などについても理解してもらい、社員として目的意識の共有もできると良いでしょう。

新人研修を成功させるための4つのポイント

ここからは、新人研修を成功させるための4つのポイントについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自社での企画が困難な場合には外注を検討しよう

自社での企画が難しい場合は、外注を検討しましょう。社内のリソースが圧迫されたり、クオリティを担保できなければ、新人研修の成功が遠のいてしまいます。むしろ専門の業者を活用すれば、コスト削減などの効率的なメリットを受けることも可能です。

また、無理に内製化を進めれば、通常業務にも影響が出てしまうかもしれません。新人を育成する研修のために、業績が下がってしまうのは本末転倒なので、通常業務とのバランスや効率を意識しておきましょう。

社員同士の円滑なコミュニケーションを促す

研修中に社員同士のコミュニケーションを促すことも忘れてはなりません。「わからないことだらけで不安だな」と思っている新人の緊張を和らげるのは、社員間の交流と社内の雰囲気です。研修中に同期との関係性を構築できる場面を意図的に用意しておきましょう。

また、堅苦しいイメージを持たれがちな新人研修ですが、自己紹介やアイスブレイクと絡めることで、明るく楽しい印象を与える効果もあります。

研修後に社員アンケートを実施する

次年度の新人研修に活かすためのノウハウを獲得できますので、研修後には社員アンケートを実施しましょう。アンケート内容については、設定した目的に関係する項目をいくつか入れるのがおすすめです。

準備は早めに行う

通常の業務に流されて、準備が遅くなってしまうことは避けましょう。バタバタと準備をしてしまうと、意図していないミスやクオリティの低下を引き起こします。計画的なスケジュール設定と、それを遂行するための具体的な段取りを意識してください。

準備期間は早ければ早いほど良いですが、可能であれば3ヵ月以上のバッファを持つのが理想です。企業によっては、新人研修の終了直後に次年度の準備を始めるケースもあります。

新人研修を成功させるためにはゴール設定が欠かせない

新人研修における効果的な人材育成には、ゴールの設定が必要不可欠です。自社が求める結果から逆算して企画・準備を行えば、無駄なリソースの消費を回避できます。初めて新人研修の担当者となる方は、ぜひ本記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す

オンライン研修

アクティビティ研修

人気の研修事例記事

研修事例記事一覧

タグ

オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。