アイコン 研修資料を
ダウンロード
2021.04.08
チャンバラ合戦-戦IKUSA-

エンゲージメントが上がる!PDCAサイクルを学び、絆を作る研修『チャンバラ合戦-戦IKUSA-!』体験レポート(株式会社FCE Holdings様)

株式会社FCE Holdings様
目的 チームビルディング
対象 内定者
時間 2〜3時間
人数 10名〜100名
業種 その他

従業員のエンゲージメントに日々心を砕いている企業の人事部の皆さま!「いつもと違う研修はないだろうか?」「もっと従業員に楽しみながら取り組んでもらえる研修はないだろうか?」「研修後の通常業務にも継続して役立つ研修はないだろうか?」と悩んでいませんか?

そんなお悩みを解決してくれるのが「チャンバラ合戦-戦IKUSA-」の研修プログラムです。

今回はこの「チャンバラ合戦-戦IKUSA-」を体験してくださった株式会社FCE Holding様の研修の様子を、チャンバラ合戦のメリットとともにお伝えしていきます。

株式会社FCE Holdings様公式サイトはこちら

チャンバラ合戦の資料ダウンロードはこちら

※この研修は2019年11月に実施したものです

チャンバラ合戦-戦IKUSA-とは

チャンバラ合戦-戦IKUSA-は、腕に付いたカラーボールの命を柔らかい刀で落とし合う簡単で楽しいアクティビティ。これを軍に分かれて行います。

合戦の間には軍議が行われ、その軍議に沿って次の戦。そしてその反省を踏まえてまた軍議……。これって何かに似てませんか?そう「PDCAサイクルを回す」ことを遊びながら体験できるのです。また、軍議の中で「Aさんは頭脳戦が得意」「Bさんは先発隊として切り込むのに向いている」など個人の特性にも気がつくことができ、遊びながら研修&チームビルディングができてしまうという画期的なアクティビティなのです。

早速、その研修の中身を見ていきましょう!

株式会社FCE Holdings様が解決したい課題とは

株式会社FCE Holdings様は、「社会の課題にビジネスで挑む」を理念に掲げ、多くの分野で活躍されている企業です。RPA、教育、出版、企業研修など、その分野はまさに多岐にわたります。

 

<研修を通して解決したい課題>

・メンバー間の距離をもっと縮めたい

・メンバー同士が自他の強みや弱みを相互理解できるようにしたい

・それぞれの強みを活かしてPDCAサイクル回せるチームにしたい

 

そして、何か「目標を達成できることが体感できる研修がしたい」というのが今回チャンバラ合戦-戦IKUSA-の研修を実施しようと思ったきっかけとのこと。

自分自身を知り、仲間たちの特性を知ることで、補い合える集合体になる。これは企業にとって非常に大切な目標ですね……!

何よりもリラックスして楽しめる研修にしたいというのが、我々IKUSAの思いでした。そこで今回は、目標が立てやすいように紙とペンを用意。さらにより視覚的に作戦を立てられるよう、戦ウォールと、お堀に見立てたブルーシートも用意しました。

さらに、それぞれに付箋を用意。各軍の仲間たちの良かった点や改善点を書いて渡すという、直接的かつわくわくするような仕掛けを用意しました。

メンバーに率直な意見を渡す。そしてその意見に耳を傾ける。緊張する行為ではありますが、ビジネスの基礎となる行動でもあります。チームの一体感作りの力になること間違いなしですよ……!

チャンバラ合戦-戦IKUSA-を使った研修の様子をご紹介!

それではいよいよ、FCE Holdingsの皆さまの戦いを見ていきましょう。

少人数での戦いです。ゆえに、より作戦が大切になってくるのでは?

とはいえ、まずは思うがままに戦を行っていただきましょう。

体を動かすことで、リラックス効果も。笑顔がはじけてますね!

あっという間に第1の戦いが終了。皆さまに付箋をお渡しし、各軍それぞれ仲間の評価を書き合って頂きました。

真剣に向き合う皆さま。同じ職場の仲間たちです。ぜひとも真摯に、正直に。

書き終わった付箋はみんなで読めるよう、それぞれの陣地に持って帰ります。かなりしっかり書き込んでくださっていますね。

お互いの評価が終わったら次の戦いへ。障害物も追加され、より綿密な軍議が必要になってきます。

各軍勝つためにかなり細かい調整をしているようで、軍議にも熱が入ります。

戦いも佳境に!ここからは軍議と作戦の繰り返しです。より良い作戦を立て、遂行できるのはどちらの軍か!?

強いのは女性? 笑

お堀を上手く使用しての攻防。事前に用意した作戦の効果やいかに?

さあ、戦はそこまで! 

最後にもう一度、軍ごとに集まり、作戦の振り返りをしていただきました。

各チーム、戦いを始める前より打ち解けて一体感が深まったようです!

そして発表。どんな作戦だったのか?作戦のポイントは?上手くいったこと、いかなかったことは?
最後にそれぞれの思いが解き明かされます。

プレゼン力も試されますね。各軍見事でした!

最後に今回の企画を担当されたの方からの総括。

ありがとうございました!

研修でチャンバラ合戦-戦IKUSA-を行うメリット

楽しそうなみなさまの様子をご覧頂いたところで、チャンバラ合戦IKUSA研修を行うメリットを紐解いていきましょう。

 

メリット1. 遊びながらPDCAサイクルを体感できる

「PDCAサイクル」分かっちゃいるけど、日々の業務に忙殺されていると目の前のタスクに集中してしまいその大切さを忘れてしまったりします。

チャンバラ合戦-戦IKUSA-なら、軍議中にプランを立て、戦いを通じて実行し、次の軍議で反省し改善する……この流れを遊びながら、自然に実行することができます。

 

メリット2. チームの一体感を高めるのに最適

「勝つ」という共通の目的と、戦いごとの軍議を通したディスカッションで自然とチームの親交が深まります。

また、それぞれの戦いを振り返る中で、誰がどんな動きをすると良いのか、戦略作りが得意なのは誰か、行動力に長けているのは誰かなどなど、チームメンバーの強みや、目的を達成する時に何を大事にする人なのかといった価値観の違いにも気がつくことができます。

ここで得た気づきを研修が終わった後のチームにも持ち帰って活用すると研修の効果がより一層深まりますよ。

 

メリット3. 理念や行動指針の浸透にも

チャンバラ合戦-戦IKUSA-は【遊び】なので、自由にルールや趣旨を変えることが可能です。

例えば今回のように、お互いを知る為に軍議毎にお互いのフィードバックの時間を設けたり、合戦の後に軍の作戦の発表の場を作ることもできます。

理念や行動指針の浸透の為のチャンバラ合戦-戦IKUSA-の場合は、軍議で理念や行動指針に沿ったディスカッションを行い、合戦後にプレゼンや振り返りをすることによって理念や行動指針を浸透させるといったアレンジもおすすめです。

 

メリット4. 場所、人数の融通が利く

チームごと、部署ごと、同期でメンバーで…などなど、研修の規模はバラバラ。

チャンバラ合戦-戦IKUSA-は、どんな人数にも対応してイベントを行うことができます。もちろん、そのほかの要望も何でもご相談ください。

IKUSAのプロたちが最適な合戦をプランニング致します。

 

メリット5. もちろん安心安全

チャンバラ合戦は安心安全な素材で戦い、プロのスタッフが常にサポートするので、怪我をする危険性はほぼありません。

MCから、危険な行為をしないように、わかりやすく楽しいルール説明も行いますのでご安心ください。

チャンバラ合戦の資料ダウンロードはこちら

まとめ

株式会社FCE Holdingsの皆さまとともに行ったチャンバラ合戦-戦IKUSA-。最後のに撮った集合写真のこのはっちゃけ感をご覧下さい。笑

遊びながらも「業務に活かせるスキルが学べる」「メンバーの相互理解が深まる」そんな体験を約束するのがチャンバラ合戦-戦IKUSA-の研修です!

研修で体験したこと、感じたことを通常業務に持って帰って頂き、体験頂いた企業様のスキルアップやチームワーク、ひいては業績の貢献につながればこんなに嬉しいことはありません。

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す

オンライン研修

アクティビティ研修

人気の研修事例記事

研修事例記事一覧

タグ

オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。