アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • オンライン研修
2021.06.07
  • オンライン

完全オンラインでできるチームビルディングに役立つアクティビティ15選

 

 

  • オンラインでもチームビルディングができるのか知りたい
  • 完全オンラインでできるアクティビティを教えて欲しい

 

このような悩みを解決していきます。

 

リモートワークを導入している企業が増えています。リモートワークは、時間を効率的に活用できたり、集中できる環境で作業ができたりというメリットがあります。一方で、社員との交流が疎遠になり、関係性を構築しにくいというデメリットがあります。

 

「社内のコミュニケーション」に課題を抱える方は、オンラインでも社員同士の交流を増やして「組織の活性化」を促進するために、本記事をぜひお読みください。

 

完全オンラインでも社内のチームビルディングはできるのか?

 

結論から言うと、完全オンラインでもWeb会議システムなどの配信ツールを使用することで、社内のチームビルディングは十分可能です。

 

オンラインの場合は、配信ツールやインターネット環境など事前準備が必要ですが、上手く使いこなせば対面と同様に円滑なコミュニケーションが図れるでしょう。

 

オンラインで社内のチームビルディングを行うメリットとは

 

オンライン上でチームビルディングを図るメリットは、主に下記の3つが挙げられます。

 

  • 低コストで開催できる
  • 社員が気軽に参加できる
  • 社内の活性化を図れる

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

低コストで開催できる

オンラインで開催する場合はオフライン開催と比較して、会場費・人件費・交通費などのコストを削減できます。本来は予算の都合で手が届かない企画も、オンライン開催なら実現できるかもしれません。

 

浮いた費用を満足度向上のための施策にあてることで、オンラインイベントの効果が大きく変わるでしょう。具体的には、フードデリバリーサービスなどの利用が挙げられます。

 

社員が気軽に参加できる

オンライン開催の場合は、場所に縛られることなく気軽に参加できるメリットがあります。時間や場所の融通が利きやすいオンライン開催なら、多様な働き方を推進する企業でも開催しやすいといえます。

 

また、「3密」を回避できるため、対面のイベントに抵抗がある社員でも自宅から気軽に参加できます。

 

社内の活性化を図れる

オンライン社内イベントでは、他の社員の仕事以外の一面を垣間見ることができます。そのため、社員同士の「親密度」をより一層深めることができるでしょう。

 

社員同士の親密度が深まれば、社内の連携がスムーズになり、効率よく業務を遂行できます。

 

定期的にオンライン社内イベントを実施することで、リモート下であまり関わりのない社員とも楽しく交流が可能です。そして、多くの企業が抱える「社員のメンタルヘルス」や「組織の人間関係」などの問題解決が期待できます。

 

オンライン上でチームビルディングを行う際のポイントとは

 

オンライン上でチームビルディングを行う際は、最低でも下記の3点を押さえておくと失敗を防げます。

 

  • 社員全員が楽しめるプログラムを企画する
  • 社員はできるだけ画面オンで参加してもらう
  • 事前準備を念入りに行う

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

社員全員が楽しめるプログラムを企画する

オンラインの場合は特に「参加者の集中力は続かない」ことを頭に入れておく必要があります。登壇者が一方的に話すだけの講義形式の研修をオンラインで実施しても、集中力がもたず、最後のほうは聞いていない恐れがあります。

 

オンライン開催のポイントは、社員参加型の楽しめる研修プログラムを企画することです。

オンライン上でできるアクティビティを導入することで、最後まで集中力を保ちながらクオリティの高い研修が実施できます。

 

社員はできるだけ画面オンで参加してもらう

オンラインではできるだけ画面オンで参加してもらうと、相手の表情やしぐさがわかるため意思疎通がスムーズになります。

 

チームビルディングには「社員同士のコミュニケーション」が欠かせません。対面と比べて、オンラインは気軽に交流しにくい欠点があります。しかし、画面オンで参加してもらうことで、社員同士の表情がわかりやすくなりコミュニケーションが促進されます。

 

事前準備を念入りに行う

オンラインの場合は、配信ツールや通信環境など、事前準備が必要になってきます。特に、通信環境が不安定だと、快適に参加できずストレスの原因になる恐れがあるため注意しましょう。

 

また、オンラインでは「場の雰囲気が読みづらい」「時間の管理が難しい」という課題があります。オンラインの独特な雰囲気の中で円滑に進行を行うために、オンラインに慣れているファシリテーターの起用を検討しましょう。

 

オンラインでできるチームビルディングに最適なアクティビティ15

 

ここからは、チームビルディングに効果的な「完全オンライン」でできるアクティビティ15選をご紹介します。

 

オンラインの場合は、通信環境やWeb会議ツールの導入などの事前準備が必要ですが、気軽に実施できるものばかりですので、ぜひお試しください。

 

オンラインコーヒーブレイク

オンラインコーヒーブレイクとは、リモートワークでも、社員のコミュニケーション促進を目的としたアクティビティです。

 

新型コロナウイルス感染症の影響でリモートワークが普及してきました。リモートワークにもメリットがある一方で、気軽に相談できなかったり、孤独感を感じたりとリモート特有の不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

 

オンラインコーヒーブレイクを実施し、雑談することで、社員同士の交流が促進され、気軽に話し合える関係性を築けます。

 

バーチャル背景自己紹介

バーチャル背景自己紹介とは、Zoomのバーチャル背景機能を活用した自己紹介アクティビティです。

 

バーチャル背景自己紹介では、その画像の説明やエピソードを交えながら自己紹介をすることで、表面的なことだけでなく、その社員のパーソナルな部分まで知ることができます。

 

参加者にはお気に入りの写真を1枚用意してもらい、その写真をバーチャル背景に設定してもらいます。「趣味に関する写真」や「子供時代の思い出」など、事前に写真のテーマを決めておくとやりやすいでしょう。

 

GoodNew(グッドアンドニュー)

GoodNew(グッドアンドニュー)とは、24時間以内にあった「良かったこと」や「新たな発見」を順番に共有していくイベントです。

 

良好な人間関係づくりや、ポジティブ思考を促す効果があり、朝礼や研修時のアイスブレイクに導入する企業が増えています。

 

人数が多い場合は、Zoomのブレイクアウトルームを使って、グループ分けをするとよいでしょう。

 

 

ヒーローインタビュー

ヒーローインタビューとは、スポーツ選手のヒーローインタビューのように質問することで、相手の魅力を引き出すアクティビティです。

 

実際のヒーローインタビューのように、少しオーバーリアクションで盛り上がるように進めるのがポイントです。インタビューに対してポジティブな評価をすることで、相互理解が深まりチームに一体感が生まれます。

 

自宅探索ゲーム

自宅探索ゲームとは、お題に対して合致するモノを自宅の中から探し出すアクティビティです。

 

「最近購入したモノ」や「もっとも大切な宝物」など、参加者の日常が垣間見えるお題を出題すると、その人に関するエピソードも合わせて聞けるのでおすすめです。

 

社員のパーソナルな部分を共有することで、親密度が高まり、社員同士の仲がより一層深まります。

 

ワードウルフforオンライン

ワードウルフとは、お題について話し合うなかで、周りとは異なるお題を与えられた少数派(ワードウルフ)を会話から見つけ出すアクティビティです。

 

少数派(ワードウルフ)を見つけ出すには、会話の矛盾や相手の表情に注目する必要があり、自然とコミュニケーションが活性化されます。

 

ワードウルフは、人狼ゲームよりもルールが簡単で、気軽に楽しめるため、研修時のアイスブレイクにもぴったりです。

 

ワードウルフのやり方

  1. 4〜8名程度のグループに分かれる
  2. 「お題カード」を引いて確認する
    (
    グループの中で1人だけお題が異なる少数派『ワードウルフ』、多数派は『市民』)
  3. 周囲の会話をヒントに自分が『ワードウルフ』か『市民』どちらなのかを考える
  4. 自分がワードウルフだと思う場合は、周囲との会話から「市民のお題」を推測して話を合わせバレないように振る舞う
  5. 制限時間が経過したら多数決で怪しい人を処刑する
    (
    ワードウルフを処刑できれば市民チームの勝利、市民が処刑されればワードウルフの勝利)

 

条件付きプレゼンテーション

条件付きプレゼンテーションとは、与えられたキーワードを必ず盛り込んだプレゼンをするチーム対抗型のゲームです。内容がおもしろく、ユニークなプレゼンを行ったチームが優勝となります。

 

たとえば、「サル・カニ・おにぎり」というキーワードが与えられた場合、一般的には「さるかに合戦」を連想します。しかし、これでは普通すぎるため高い評価を得られません。

 

優勝するには「想像力・発想力」をフル活用して、意外性・独自性のあるプレゼンテーションを作り上げる必要があります。

 

NASAゲームforオンライン

NASAゲームとは、グループワークを通じて仲間と議論を重ねながら、コンセンサス(合意形成)を学ぶアクティビティです。

 

NASAゲームのシチュエーションは、月面に着陸しようとしている宇宙飛行士が予期せぬトラブルに見舞われ、母船から約200マイルも離れた場所に不時着するというものです。乗っていた宇宙船は着陸の衝撃で使用できませんが、15個のアイテムは使える状態で残っています。この15個のアイテムを重要度の高いと思われる順番に順位付けしていく必要があります。

 

-NASAゲームのやり方

  1. 10分程度の時間を設け、まずは個人で考える
  2. 4人程度のグループに分かれて議論を行い、一つの結論を導く
  3. 各グループの結論を理由とともに発表する
  4. NASAによる模範解答を配布して振り返りを行う

 

NASAゲームでは、自分の意見を主張するだけではなく、相手の意見にも耳を傾けて、チームで議論しながら一つの結論を導き出さなくてはいけません。

よって、協調性や傾聴力、論理的思考力が鍛えられ、チームビルディングとしても非常に効果的なアクティビティの一つです。

 

ヒアリングチャレンジ

ヒアリングチャレンジとは、カードゲームを通じて提案型の営業を楽しく体験できるアクティビティです。参加者は車の販売員という設定で、お客様にヒアリングを行うことで最適な車を提案します。

 

「どのような車が欲しいのか」だけでなく、「なぜ欲しいのか」まで理解することで、実際の営業でも役立つ「顧客理解の重要性」を学べます。

 

ヒアリングチャレンジのやり方

  1. 49枚のヒアリングカードの中から、「スタートカード」をオープンする
  2. ヒアリングカードにある「お客様の発言」とそれに対する「4つの質問」を見て、そのなかから適切な質問をして好みを絞り込んでいく
  3. 「スタートカード」を含めて合計で10回のカードをオープンしていき、お客様に最適な車を提案する
  4. 振り返りとフィードバックを行う

 

 

ここからは、弊社が提供する「オンラインアクティビティ」をご紹介します。

 

リモ謎閉ざされた電脳都市からの脱出

リモ謎閉ざされた電脳都市からの脱出とは、チームで協力しながら謎を解くことで「電脳世界」からの脱出を目指すアクティビティです。

 

「電脳都市に閉じ込められてしまう前に、暗号化された緊急脱出マニュアルを読み解き、緊急脱出装置を起動する」というストーリーです。参加者は物語の主人公になりきりWeb会議システムを利用して、コミュニケーションを取りながら謎を解き明かします。

 

謎を解くには、社員同士の協力が必要になるため、社内のチームビルディングに効果的です。特に、企業の多拠点間交流や新入社員研修におすすめです。

 

 

リモ謎燃え盛る本能寺からの脱出

リモ謎燃え盛る本能寺からの脱出とは、リモート環境でもオンラインで謎解きができる「リモ謎」シリーズの一つです。燃え盛る本能寺からの脱出を目指すアクティビティです。

 

演者が謎解きグループに参加するグリーティングがあり、普段とは一味違った劇場型の謎解きが楽しめます。

 

また、演者を役員が務めたり、謎解き中に各グループの様子を視察したりすることで、より一層盛り上がります。

 

リモ謎終わらないリモート会議からの脱出

リモ謎終わらないリモート会議からの脱出は、一人では決して脱出できない状況下のなかで、情報共有やコミュニケーション、チームワークを駆使して「ハッキングされたリモート会議」からの脱出を目指すアクティビティです。

 

特に採用試験や新入社員研修など、「学習要素+チームビルディング」が求められる研修におすすめです。貴社のご要望に合わせてカスタマイズも可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

 

ジャングルサバイバル

ジャングルサバイバルとは、コンセンサス(合意形成)ゲームの一種で、物語を通じて複数人で合意形成する過程・要点を実践しながら学べるアクティビティです。

 

ジャングルサバイバルの設定は、ジャングルをクルージング中に乗っている船が大破し、遭難するところから始まります。生き延びるためには近くの村まで歩かなくてはいけません。船の中にある積荷から最善のアイテムを選び出し、ジャングルの中で生き残る策をチームで話し合います。

 

生き延びるための結論を導き出すには、メンバー同士が協力せざるを得ない構造になっています。そのため、自然とコミュニケーションが促進され、「組織の活性化」が期待できます。

 

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

 

帰宅困難サバイバル    

     

帰宅困難サバイバルも、前述と同じコンセンサス(合意形成)ゲームの一種で、参加者同士でコミュニケーションを取りながら一つの結論を導き出すアクティビティです。

 

帰宅困難サバイバルでは、災害都市から帰宅するために必要な物資を優先度が高い順にランク付けをし、無事に帰宅することを目標にチーム内で合意形成を行います。

 

議論しながら、相手との考え方や価値観の違いを受け入れ、意見が対立したときにお互いが納得する形で合意形成できるかがポイントです。

 

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

 

おうち防災運動会

おうち防災運動会は、自宅で防災を学べる新感覚オンラインアクティビティです。

 

身近なところで見直すべき防災のポイントを押さえつつ、オンラインならでの要素も交えながら本格的な防災体験ができます。

 

社員同士で交流しながら、防災について楽しく学ぶことで、日々の生活にも役立てつつチームビルディングを図ることが可能です。

 

おうち防災運動会の資料ダウンロードはこちら

 

自社のチームビルディングに効果的なオンラインイベントの実施をお考えのあなたへ

 

本記事では、チームビルディングにおすすめのオンラインアクティビティ15選をご紹介しました。

 

オンラインアクティビティを実施することで、社内のコミュニケーションが活性化され、社員同士の繋がりが強くなり「働きやすい職場環境」が構築できます。また、オンラインなら時間や場所に関わらず実施できるため、不要なコストを押さえつつ、参加率の増加も期待できます。

 

株式会社IKUSAでは、企業研修に関する相談や支援を承っております。体験型の企業研修イベントを通じて、社員間のチームワークを高め、より主体的に成長することが可能です。

 

本記事を読んで、オンラインアクティビティを導入した企業研修の企画を検討している方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

[参考サイト]

オンラインでも!簡単にできるチームビルディングの企画7選

 

 

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す

オンライン研修

アクティビティ研修

人気の研修事例記事

研修事例記事一覧

タグ

オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。