アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • オンライン研修
  • ビジネスゲーム
  • 研修
2021.10.30
  • オンライン
  • チームビルディング

オンラインでチームビルディング促進ができるおすすめツールとゲームをご紹介

コロナ禍でリモートワークが一般的な働き方になり、研修もオンライン上で実施するケースが増えてきました。しかしオンラインでは表情や動きが分かりにくく、コミュニケーションが取りづらいと感じる場合もあります。

円滑なコミュニケーションはチームビルディングに不可欠なので、何とかしてオンラインコミュニケーションをスムーズにしたいところです。

実はツールを活用すれば、オンライン上のチームビルディングを加速させられます。本記事では、オンラインチームビルディング促進ツールやおすすめのゲームをご紹介します。

オンラインチームビルディング促進ツール5選

オンラインでチームビルディングの促進が可能なツールを5つご紹介します。いずれも個性的なものばかりなので、まずはそれぞれの特徴を把握しましょう。

THANKS GIFT

THANKS GIFTは、感謝の気持ちを可視化することで従業員のモチベーションアップに貢献するツールです。さまざまな機能を備えていますが、代表的なものが「サンクスカード/ありがとうカード」です。サンクスカードを従業員同士で送り合い、感謝の気持ちや賞賛の言葉を伝えることができます。

送ったカードは他の従業員も閲覧できるため、一人ひとりの貢献度について社内共有が可能。理念浸透機能では、企業が活動を行う上で重要な企業理念を従業員に浸透させられます。理念に沿った行動を取った従業員に対してコインやメッセージを送ったり、経営ビジョンブック機能でビジョンをいつでもどこでも確認できたりします。

従業員の意識に企業理念が行き渡れば、主体的な行動の促進やブランドイメージの向上などさまざまなメリットがあるため、ポジティブな気持ちを維持したまま、モチベーションを向上させたい時に適したツールです。

ほかにも、社内交流の活性化に役立つ掲示板機能や、エンゲージメントを定量的に把握できる診断機能など、多様な機能を備えています。

WowTalk(ワウトーク)

WowTalk(ワウトーク)」は、スムーズな社内コミュニケーションを可能とするビジネスチャットツールです。コロナ禍でリモートワークが普及しましたが、感染拡大の効果を示す反面、業務上のコミュニケーションが取りにくくなったと不満の声も出ています。

WowTalkは操作が分かりやすく誰でも直感的に扱えるので、楽々コミュニケーションが取れます。導入教育の必要なしに即日利用できるので、スムーズな業務進行に寄与するでしょう。

また、管理機能が充実している点も強みです。各種機能の有効範囲を必要に応じて制限できるので、セキュリティ管理に優れています。機密情報が盛りだくさんの大手企業でも、抵抗を感じずに導入できます。

チームビルディングのカギとなるのは、メンバー同士のコミュニケーションです。オンライン上でコミュニケーションを活性化するためには、ツールの使いやすさが前提となるので、ぜひWowTalkの活用をおすすめします。

Zoom

Zoom」は、パソコンやスマートフォンを利用して、オンライン会議やセミナーを開催できるツールです。オンライン研修で役立つ機能が充実していますが、特に注目すべきはブレイクアウトセッション機能です。これはオンライン上で小さなグループを複数つくる機能であり、大人数の参加者の中から瞬時に4人組や2人組などをつくることができます。

オンラインで講師の話を一方的に聞くのは想像以上に集中力が必要な行為なので、適宜グループワークを取り入れるようにすることが研修を成功に導くポイントです。

今やオンライン会議といえばZoomという共通認識が広がりつつあり、利用に抵抗を抱く人は少なくなってきました。腰を据えた長時間にわたる研修でなくとも、簡単なゲームを行う際にも利用できる汎用性が高いツールです。

Co:TEAM

日報を自動化することによって、業務の振り返りを支援するツールが「Co:TEAM」です。カレンダーとの連携やスタンプ機能を利用して1分程度で日報が作成できるため、業務量の軽減に役立ちます。

業務の進捗確認や、メンバーの目標管理といったマネージャー職が負担になりやすい業務も自動化してくれますので、マネージャーのストレス軽減につながります。

また、メンバーのモチベーションを把握する機能を備えている点も特徴です。部下の本当の悩みが分からないと嘆く管理職は少なくありませんが、Co:TEAMは本人の主観に加え、アルゴリズムも利用して「面談を実施するタイミング」「課題特定に適した話題」などを教えてくれます。

面談のタイミングや話題が適切であれば、部下が本音を打ち明けてくれる確率も高まります。Co:TEAMは特にマネージャー・管理職の立場から、チームビルディングを行いたい場面におすすめのツールです。

Talknote

共通の価値観を浸透させ、良いカルチャー形成に適したツールが「Talknote」。3つのステップに則り、独自のカルチャー醸成を支援します。

まず、「お客様の声」や「売上報告」など、テーマごとのコミュニケーションが取れる体制をシステム上で整備します。日々のコミュニケーションで蓄積された会話の内容はおのずと似通ってきますが、Talknoteではこれを会社独自の価値観と捉えるのが特徴です。

共通の価値観のもと、従業員が行動を取るようになれば、会社独自のカルチャーが形成していきます。チームビルディングの重要要素である「会社への帰属意識」を、Talknoteによって養うことが可能です。できたばかりのベンチャー企業や、社員がばらばらだと感じた時に導入をおすすめしたいツールです。

オンラインチームビルディングおすすめゲーム5

ツールの導入以外にも、ゲームを活用することによってもチームビルディング効果を得られます。ここからは、オンライン上で実施可能なチームビルディングにおすすめのゲームを5つ紹介します。

リモ謎

「リモ謎」はオンラインで実施できる多人数参加型の謎解き脱出ゲームです。数百人規模の人数にも対応しているので、全社的な研修の際にも適しています。

チームで協力して進めなければ、謎が解けない仕様になっているため、必然的に社内コミュニケーションは活性化に向かうでしょう。

謎を解くためには、リモート環境特有のコミュニケーションに慣れることがカギです。画面越しでは、表情やジェスチャーによる意思疎通がうまくいかない場合がありますので、言葉を使って伝える必要があります。

「燃え盛る本能寺からの脱出」や「電脳都市からの脱出」などユニークなプログラムが用意されていて、ゲームの世界に没頭できるはずです。企業の多拠点間交流やチームビルディング研修の際におすすめの研修です。

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

コンセンサスゲームオンライン

組織で仕事を進める場合、目標や方向性、業務分担などを決めるために合意形成(コンセンサス)をはかる必要があります。「コンセンサスゲーム」は物語を通して、合意形成の過程やポイントを実践形式で学べる研修です。

得られる効果としては、自分と他人の価値観や視点の違いに気づき、論理的思考力、情報の整理力などがあります。また、他人と協力するチームビルディングに不可欠な傾聴力や協調性も養うことが可能です。合意形成は全員で行う必要があり、ゲームを進めていくうちにおのずとチームビルディング効果を高められます。

運営は企業向けの研修実績が豊富なIKUSAが代行しますので、トラブルを気にせず安心してゲームに没入できます。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

バスは待ってくれない

「バスは待ってくれない」はチームビルディングに効果的なカードゲーム型の研修プログラムです。歯痛に悩まされる少年のために、隣町の歯医者への地図を作成することが課題です。カードに記された断片的な情報をてがかりに、チームで話し合いながら地図作成に勤しみます。

各メンバーが持つ情報は口頭で伝えなければならないルールがあるので、適切な情報の伝え方や他人の話の聞き方など、チームのコミュニケーションの取り方を学べるでしょう。

全員が情報をしっかり出して、チームワークを駆使して取り組まなければ、課題の解決は難しいです。また情報を分かりやすくまとめたり、議論を進めたりといった行動力も試されます。手の研修に使われるケースが多いですが、年代・役職こだわらずに導入できるゲームです。

ワークライフトランプ

労働に関するキーワードが書かれたトランプを使い、理想の働き方を考えるゲームが「ワークライフトランプ」です。トランプには、「時代に先行すること」「クリエイティブに働くこと」といったキーワードが記載されています。

参加者は52枚のカードの中から、自分が良いと思う10枚を選び抜きます。選ばれたカードによって、参加者と自社とのマッチ度を探ることが可能です。

チームビルディングには会社との相性も重要で、企業と人材のマッチ度が高ければ自然と会社へのエンゲージメントが高まります。このため、ワークライフトランプを選考の一環に活用する企業も少なくありません。

桃太郎村の地図

与えられた情報を口頭で伝えあい、地図を完成させるゲームが「桃太郎村の地図」です。桃太郎村の地図は、各自が持つ情報をジグソーパズルのように継ぎ合わせて課題の解決を目指す「ジグソーメソッド」という手法を使っています。

異なる情報や知識を組み合わせてものごとの全体像を把握したり、足りない部分を補い疑問点を解消できたりといったメリットがあります。コミュニケーションが活性化され、各自が伝える力や傾聴力を伸ばせますので、チームビルディング効果が高いゲームです。

また、桃太郎村の地図は元々カードゲームですが、近年はオンラインで実施できるタイプも登場しています。専用のシステムとZoomなどのコミュニケーションツールを併用することで、オンライン上でゲームができる環境を実現しています。

まとめ

ツールを活用すれば、意思疎通が難しいオンライン環境においても、チームビルディングを達成できます。記事で紹介したオンラインチームビルディング促進ツールは、ユニークな特徴を備えるものばかりなので、自社の課題や風土などに適したツールを選びましょう。

また、チームビルディングには、楽しみながら実施できるゲームが有効です。オンラインで実施可能なゲームも多数ありますので、ぜひ本記事で紹介した内容をご検討ください。

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す

オンライン研修

アクティビティ研修

人気の研修事例記事

研修事例記事一覧

タグ

オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。