アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • 研修
2021.08.15

内定者研修の目的とは?内容例と成功させるポイントを解説

Business image, city, man and woman image.

内定者は入社前に「人間関係がうまくいくか」、「やりがいのある仕事をさせてもらえるか」などの漠然とした不安を抱えている場合があります。内定者研修を実施することにより、そういった不安感を解消するとともに、内定者と企業の間の相互理解を深めることにも役立ちます。

今回は、内定者研修を行う目的、内容例、成功させるポイント、コンテンツ例について紹介します。

内定者研修とは?

Double exposure of social network icons hologram on Los Angeles office buildings background. Networking concept

内定者研修は、内定者向けに実施する研修です。

  • チームビルディング研修
  • ビジネスマナー研修
  • スキルアップ研修

この3つの研修を内定者研修として行うことがあります。また、内定時期が早い場合には、内定者研修とは別に、内定者フォロー研修を行う場合も。

内定者研修を実施することにより、内定者と企業の相互理解を深めたり、チームビルディングによって内定者同士の人間関係を深めたりといった効果が期待できます。

内定者には「入社しない」という選択肢もあります。また、入社後にも「転職する」という道を選ぶ場合も。内定者研修は、内定者が入社に至ることに加え、入社後にスキルアップしていくための土台作りの機会だといえます。

内定者研修を行う6つの目的

Business people happy showing team work and giving five after signing agreement or contract with foreign partners in office interior. Happy people smiling. Agreement or contract concept.

内定者研修を行うおもな目的は、以下のとおりです。

  • 内定者の不安解消
  • 内定者のスキルアップ
  • 内定者同士の関係構築
  • 内定者のモチベーション向上
  • 内定者面談
  • 必要書類の手渡し

企業側としては、内定者の内定辞退や入社後の転退職の回避が重要な目的となります。そのためには、内定者のメンタルケアをしたり、スキルアップを促したりすることが大切です。

ここからは、内定者研修を行う目的について詳しく紹介します。

1.内定者の不安を解消すること

内定者研修を行うことで、内定者の不安を軽減することが期待できます。内定者研修が初回の顔合わせになる場合には、多くの内定者は緊張しているでしょう。また、内定者は入社後の人間関係や業務内容などに対して不安を抱いていることも少なくありません。そのため、内定者研修で内定者の不安を解消することが重要です。

内定者研修では、企業からのメッセージを伝えられます。内定者の心情を理解し、それに対する答えを示すことで、不安を軽減できるでしょう。

たとえば、入社後の業務内容について不安を感じている内定者に対して、予定している配属先を示したり、実際の業務風景の映像を見せたりすれば、イメージがつかめて不安が解消されるかもしれません。内定者の不安を解消するためには、抱えている不安の原因を理解し、真摯に対応することが重要です。

内定者の不安が解消されれば、内定辞退者数が減ることも期待できます。内定辞退の理由はさまざまですが、「企業に対して不安を感じたから辞退する」ということも。とくに新卒採用の場合には「入社して大丈夫なのか」という不安や葛藤を持つことも少なくないでしょう。

入社までの時間的な猶予と、他の企業を選ぶ選択肢があることが影響し、新卒内定者は中途採用に比べて入社までのハードルが高くなりやすいのです。内定者研修で内定者の不安を解消し、少しでも気分よく入社してもらいましょう。

2.内定者をスキルアップさせること

内定者研修では、座学やOJTなどで内定者のスキルアップをサポートできます。内定者に行うべき教育としては、ビジネスマナーや業務で使用する用語などが挙げられます。とくにビジネスマナーは、実際に働き始める前に学んでおくことが望ましいため、内定者研修では必須の内容といえるでしょう。

内定者研修でビジネスマナーについての教育を行う場合には、ビジネスマナー講師を招く方法と、先輩社員が講義や指導を行う方法があります。先輩社員が行う場合には、人事担当者が直接指導することもありますが、現場で働く社員が行うこともあります。

ビジネスマナーそのものはそれほど難しいことはありません。正しい知識を得て、実践するできるように教育することが重要です。

社内でビジネスマナー教育を行う場合には、事前にマニュアルを作成しておきましょう。内定者が誤った知識を得ることを避けるには、後からでも確認できる資料があったほうが有効です。内定者研修で正しい知識を得られたとしても、時間が経過して忘れてしまっては意味がありません。マニュアルを作成し、いつでも再確認できるようにすることで、知識の定着率を上げられるはずです。ビジネスマナーに関連する書籍を購入しておき、内定者に配布する方法もあります。

3.内定者同士の関係構築をすること

内定者同士は、同期入社の社員にあたります。入社後に互いに切磋琢磨したり、悩んでいるときの相談相手になったりする関係になれれば、離職率の低下やスキルアップなどに繋がる可能性があるため、内定者にとっても企業にとってもメリットがあります。そのため、内定者研修を実施する際には、内定者同士の関係構築をすることが重要です。

内定者同士の関係構築をするには、チームビルディング研修が有効。チームビルディングとは、全員が目的や目標を共有し、目標達成に最短距離で進める組織づくりを目指す取り組みです。

具体的には、グループワークでコミュニケーションを取ったり、仲良くなれるようなゲームをしたりして、関係構築を促します。要点を正しく伝えるコミュニケーションを取ったり、互いに思いやりを持って接したりできる組織をつくることで、効率を上げるとともに、目標に向かって協力して取り組めるようにします。

また、関係構築には、互いの理解も欠かせません。自己紹介ゲームやコミュニケーションゲームなどを活用し、互いのことを知れる時間をつくることで、理解を深められるでしょう。

4.内定者のモチベーションを向上すること

内定者研修を実施することにより、内定者のモチベーション向上が期待できます。内定者の誰もが、高い意識・モチベーションを持っているとは限りません。とくに社会人経験の少ない新卒内定者や若手の内定者は、知識や経験の少なさにより、本人はやる気があると思っていても、周囲からすると意識が低いように見える場合もあります。

内定者のモチベーションの高さは、入社後の成長度合いや、離職率の低下などに影響します。仕事に対してやりがいを感じ、生活そのものが充実していれば、離職に至る可能性は下がることが期待できるでしょう。

内定者研修を実施する際には、内定者のモチベーション向上も意識しましょう。

5.内定者と対面でコミュニケーションを取ること

内定者研修の機会を利用して、企業側と内定者のコミュニケーションを取ることもできます。内定者と個人面談をする機会をつくれば、企業側が内定者の不安に思っていることなどを知れます。入社前は不安感を持ちやすい時期であるため、内定者研修の際に面談の機会をつくることも一つの方法です。

個人面談を行わなくても、先輩社員や、人事担当者と話す機会をつくることで、企業側は内定者とコミュニケーションを取れます。企業からのアウトプットを一方的に行い、内定者がインプットをするだけの内定者研修だと、内定者の不安感が募ってしまう可能性があります。

内定者研修の内容を考える際には、内定者同士や企業と内定者がコミュニケーションを取る機会も設けるようにしましょう。

6.入社時に提出が必要な書類を渡すこと

内定者が入社するまでに、受け取っておかなければならない書類を内定者研修で渡しておくことも欠かせません。

健康診断の結果や誓約書などの書類は、入社日までに受け取っておく必要があります。内定者研修の機会を利用し、必要な書類を渡しておくようにしましょう。

内定者研修では何をする?内容例を紹介

A Japanese male businessman practicing his presentation

内定者研修のおもな内容例は以下のとおりです。

  • 社長・役員のあいさつ
  • 企業理念やビジネスマナーなど
  • OJT
  • グループワーク
  • 個人面談

基本的には、社長・役員のあいさつや座学は集中力の持続しやすい午前中に、OJTやグループワーク、個人面談などは午後に行うことがよいとされています。

数日間にわたって内定者研修を行う場合には、さまざまな内容を組み替えてスケジュールを組むこともできますが、一日だけの場合にはポイントをしぼって内容を選択する必要があります。

ここからは、内定者研修の内容について詳しく見ていきましょう。

社長や役員などのあいさつ

社長や役員などのあいさつを行うことで、気が引き締まったり、内定者としての実感がわいたりする効果が期待できます。1015分程度の短い時間でよいので、内定者研修の前半で社長や役員からのあいさつを含めましょう。

とくに社長あいさつを行うと企業側の本気さが伝わり、内定者の取り組み方にも影響するでしょう。

企業理念や基本的なビジネスマナー

ビジネスマナーなど、内定者が学んでおくべき社会人としての常識や、入社後の業務に関すること、企業理念や行動指針などの企業に関連することなどを内定者に教えます。

内定者の集中力を持続させたい場合にはできるだけ午前中に組み込むようにし、45分~1時間程度に110分程度の休憩を入れるとよいでしょう。

OJT

OJTは、先輩社員が内定者を指導する育成手法です。直接的に指導することでより深く、正しく理解しやすくなるため、OJTは研修によく取り入れられます。

内定者研修で実施する場合には、ビジネスマナーについて実践的に指導したり、実際の業務を内定者に疑似体験させたりします。

グループワーク

グループワークは、少人数のグループに分かれてゲームやプレゼンテーションなどを行います。グループワークでは自己紹介を行ってお互いを軽く認識したり、内定者同士がコミュニケーションを取ることで関係構築したりするのを目的とします。

グループワークは、従来の集合型研修だけでなく、オンラインでも実施可能です。オンライン内定者研修を実施する場合には、Web会議ツールのブレイクアウトルームを利用することで、グループごとに分けられます。

個人面談

個人面談を行うことで、企業側が内定者と直接コミュニケーションを取れます。一人ひとりと向き合い、内定者が感じている不安についてや入社後にやりたいことなどを確認する機会になります。

内定者の人数が多い場合には実施が難しいこともありますが、数日にわたって内定者研修を実施する場合には、個人面談の時間も設けるといいでしょう。短い時間であっても、コミュニケーションを取ることで内定者の不安が軽減し、モチベーションの向上にも繋がる可能性があります。

内定者研修を成功させる4つのポイント

Child's hand drawing checking box and check words

内定者研修を成功させるには、無理のないスケジュールで、内定者同士がコミュニケーションを取れる内容を含めることが重要です。コミュニケーションが取れる研修ネタの種類はさまざまで、研修サービスを提供している企業のコンテンツを利用する方法もあります。

内定者研修を行う目的に合わせ、適切な内容を組み込んでいきましょう。

アイスブレイクを取り入れる

アイスブレイクとは、緊張をほぐすための取り組みのことです。内定者研修では緊張している内定者も少なくありません。緊張したままでいると、十分にパフォーマンスを発揮できなかったり、研修内容に集中できなくなったりする可能性があります。そのため、まずアイスブレイクで内定者の緊張を和らげましょう。

アイスブレイクは、自己紹介に取り入れることがとくに効果的です。参加者全員の前でもグループ内でも、自己紹介は最初に行うもの。緊張をほぐすのは早いほうがよいため、自己紹介にアイスブレイクを取り入れるといいでしょう。自己紹介では自然と周囲とのコミュニケーションが生まれるため、アイスブレイクもしやすくなります。

アイスブレイクの取り入れ方として、たとえば自己紹介ゲームが挙げられます。自分に関係する意外性のあることを発表したり、パーソナルな部分を伝えたりといった自己紹介ゲームを活用し、内定者同士のコミュニケーションを盛り上げましょう。

詳細なスケジュールを決めておく

内定者研修を実施する際には、スケジュールを細かく決めておくことがとくに重要です。内容ごとに時間を区切るだけではなく、何をどれくらいの時間行うのかを明確にしておきましょう。

また、休憩時間のほかにも、時間にゆとりを持たせるために空白の時間を含めておくといいでしょう。時間が押してしまうと、後半の内容を簡素化しなければならなくなる場合もあるからです。スケジュール通りに内定者研修を実施できるように、詳細に決めておきましょう。

コミュニケーションを取れる機会を増やす

せっかく内定者が集まる内定者研修。これから同期としてやっていく内定者同士がコミュニケーションを取り、チームビルディングができるように促すことが大切です。

コミュニケーションの機会を増やすには、グループワークの導入が有効です。内定者が楽しみながら主体的に取り組めるようなグループワークを行いましょう。

内定者研修は、内定者が入社するまでの間や入社してからの取り組み方や、内定者同士の人間関係にも影響します。内定者の多くは、同期入社の同僚を入社後にも特別な存在として意識することがあるはず。

また、先輩社員には打ち明けにくい悩みや相談事も、同期になら伝えられることもあるでしょう。内定者同士の関係構築を促せば、入社後もお互いによい影響を与え合うことが期待できます。

研修サービスを利用する

研修サービスを利用することで、人材育成やチームビルディングにより一層繋がる内定者研修になることが期待できます。

研修サービスを行う多くの企業は、人材育成のノウハウを備え、スキルアップやチームビルディングに繋がるコンテンツを提供しています。また、なかには当日の進行もサポートしている企業も。「うまく進行できる自信がない」といった場合でも、まとめて任せられるでしょう。

内定者研修におすすめのコンテンツ例

Good teamwork and human relationship images

ここからは、内定者研修におすすめのコンテンツの例を6つ紹介します。

リモ謎

リモ謎」は、リモートで実施可能な謎解きコンテンツです。

グループメンバーで協力し、謎を解きながらゴールを目指します。謎解きの出題形式はさまざまで、同時に複数の謎が出題されたり、一つの謎に書かれている言葉や描かれているイラストを見ただけでは正解にたどり着けないものがあったりするため、グループ内でよくコミュニケーションを取る必要があります。そのため、リモ謎を実施することで、アイスブレイクやチームビルディングができることも期待できます。

リモ謎で出題される謎の難易度や実施人数などは調整可能です。また、Web会議ツールとインターネット環境さえあればどこにいても参加できるため、オンライン内定者研修でも実施可能です。

オリジナルのストーリーが展開されるため、参加者も引き込まれて集中して取り組めるでしょう。内定者研修を実施する際には、とくにおすすめのコンテンツの一つです。

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

リモ探

リモ探」は、リモートで推理ゲームを楽しめるコンテンツです。

リモ探では、アクティブラーニングの手法の一つであるジグソー法を活用し、グループのメンバーに情報を共有します。そのため、アイスブレイクやチームビルディングにもなります。

また、必要な情報の要点をかいつまんで伝える必要があるため、コミュニケーションスキルの向上も期待できます。

リモ探の資料ダウンロードはこちら

合意形成研修ONLINE コンセンサスゲーム

合意形成研修ONLINE コンセンサスゲーム」は、リモートでコンセンサスゲームを体験できる研修コンテンツです。

コンセンサスゲームとは、ある状況を想定して、必要なものの優先順位を決めるゲーム。たとえば「無人島に漂流した際に必要なもの」であれば、あらかじめ決められた選択肢の中から順位づけを行います。

コンセンサスゲームのポイントは、自分で考えた結果よりも、グループで協力して導き出した答えのほうが正解に近づきやすいという点です。合意形成の重要性を学ぶことができ、自分だけで行動するよりも組織として協力し、コミュニケーションを取ることの大切さを知るいい機会になるでしょう。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

マーダーミステリー研修

マーダーミステリー研修」は、ある物語の中に入りこみ、与えられた役を演じるマーダーミステリーを実体験できるゲームです。

マーダーミステリーのストーリーはさまざまですが、一度体験すると展開がわかってしまうため、二度とできないことが特徴です。初めてであれば楽しんでストーリーに集中できるでしょう。

謎解き脱出ゲーム

謎解き脱出ゲーム」は、オリジナルストーリーに沿って、謎を解きながら脱出することを目指すゲームです。

グループで協力して謎解きをしていくため、チームビルディングができることが特徴です。謎解きクリエイターが制作した本格的な謎解きが楽しめ、大人も本気で取り組めるでしょう。

独自の謎解き脱出ゲームの世界観を体験した後は、グループのメンバーとの関係性が見違えるようによくなることもあるかもしれません。

謎解き脱出ゲームの資料ダウンロードはこちら

チャンバラ合戦IKUSA-

チャンバラ合戦-戦IKUSA-」は、スポンジの剣を持ち、肩につけた命と呼ばれるカラーボールを落とし合う合戦アクティビティです。

戦国時代をモチーフにした合戦場で展開される本格的な合戦は、スポーツに取り組むような感覚で楽しめます。合戦場には城や障害物が配置され、戦国時代の合戦を疑似体験できるでしょう。

チャンバラ合戦IKUSA-では、軍議を行い作戦を立てます。互いに意見を出し合いながら作戦を立てるため、PDCAサイクルを回しながらコミュニケーションを取ることを学べます。戦術はさまざまで、相手を囲い込む陣形を組んだり、ペアで一人を追い込んだりすることが有効です。

必ずしも強い人がいるグループが勝つとは限らず、それよりも戦術を練って作戦を立て、効果的に動くことが求められます。

チャンバラ合戦の資料ダウンロードはこちら

まとめ

A Japanese female businesswoman holds a hearing in her office

内定者研修の目的や成功するポイントについて紹介しました。

内定者研修を行う目的によって、実施する内容は変わってきます。どの目的で研修を行うかをまず明らかにし、それに応じて適切な内定者研修のプログラムを作成しましょう。

株式会社IKUSAでは、内定者研修を一任していただき、独自の研修プログラムを提供することができます。リモートで実施できる研修プログラムもあり、ニーズに対応したサービスを幅広く開発しています。ぜひお気軽に問い合わせください。

東京私大経営学部卒のおとめ座。元板前サラリーマン。副業でライター・編集者として数千本の記事を制作し独立。だいたい色々書いている。Web漫画と馬と水の流れる音が好き。たまに料理人。まさかの既婚。ツイッター(@tomoshido)あります。

目的から探す

オンライン研修

アクティビティ研修

人気の研修事例記事

研修事例記事一覧

タグ

オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。