アイコン 研修資料を
ダウンロード
  • ビジネスゲーム
2021.10.21
  • チームビルディング

コンセンサスゲームの問題集!回答のポイントや模範解答も解説

Hipster business successful teamwork concept, business group assembling jigsaw puzzle

コンセンサスゲームはチームで合意形成をしながら、全員が納得いく回答を目指すゲームです。ビジネスシーンでは合意形成によって進むべき方向を決める場面が多々あるため、コンセンサスゲームはさまざまな企業研修に導入されています。

しかし「コンセンサスゲーム」という名前を聞くだけでは、どのようなゲームかいまいちわかりませんよね。今回はコンセンサスゲームの種類を紹介し、一部のゲームでは回答のポイントや模範解答も示しています。コンセンサスゲームに対する理解を深められるので、ぜひご一読ください。

コンセンサスゲームの問題集①砂漠からの脱出

wind blowing on the desert dunes of Oman

まずは脱出型コンセンサスゲーム「砂漠からの脱出」の問題や回答のポイント、模範解答をお伝えします。

問題

砂漠に不時着した飛行機に乗っていた乗客たちが、生き残るために手持ちのアイテムを駆使し、近くの街までたどり着くことを目指すゲームです。不時着はあまりに突然に起きた出来事だったので、今の時刻もわかりません。

わかっているのは、以下のようなことです。

  • 飛行プランから約100km外れてしまっている
  • もっとも近い街は約110km南南西にある
  • 不時着した地域の気温は43度、地表近くでは50度にもなる

生き残るために重要だと思う順に、使用できる12個のアイテムを選びます。

回答のポイント

まず考えるべきは自力で街まで歩くか、その場で助けを待つのか、どちらを選択するか決めることです。飛行機が墜落した場合、短時間のうちに発見される確率は低くありません。近くの街まで110kmも歩くのはほぼ不可能に近く、動かずにその場で待っていたほうが助かる確率は高いといえます。

2つ目は短期で決着をつけるか、長期戦の覚悟を持つか、どちらかということです。現場は灼熱地域なので、長時間の待機に耐え得る環境ではありません。このため、短期決戦に臨むことが正解だといえます。

模範解答

コンセンサスゲームでは模範解答が用意されているゲームもあり、砂漠からの脱出もその一つです。このゲームにおけるアイテムの使用順序の正解は、次のとおりです。

  1. 化粧用の鏡:光を反射させて、遠隔まで届く救助信号となるため
  2. 軽装のコート:強烈な太陽光から皮膚を保護し、夜は寒さよけにもなるため
  3. 水:生きるために不可欠なものだが、救助されることが最優先
  4. 懐中電灯:夜に捜索隊に発見してもらう信号となるため
  5. 紅白のパラシュート:捜索隊の目印になるため
  6. 雨具:砂嵐からの防護用
  7. ピストル:動物に襲われたときの退治用、また音で捜索隊にアピールできるため
  8. 方位磁石:捜索隊に発見されるには、あまり必要ない
  9. 地図:捜索隊に発見されるには、あまり必要ない
  10. 食用の砂漠の動物に関する本:動物を捕まえると体力を消耗し、脱水症状も促進するため
  11. ウォッカ:余計にのどが渇くため
  12. 食塩:血中濃度を高めて脱水症状を促進するため

上記の模範解答に近いかどうかをもって、複数のチーム間で順序づけが可能です。

コンセンサスゲームの問題集②雪山での遭難

Sun star glowing over snowcapped mountain range and high mountain peaks in the italian alpine arc, in a bright sunny day of winter. Candid snowy slope in the foreground.

次は脱出系コンセンサスゲームの雪山での遭難について、問題の内容や回答のポイント、模範解答をお伝えします。

問題

雪山に遭難したスキー客の設定で、アイテムを使いながら、近くの街まで脱出を目指します。墜落地点と一番近い街の距離は32キロであり、夜は気温がマイナス40度にまで下がることもある地域です。生き残るため、10個のアイテムに使用順序を決めていきます。

回答のポイント

雪山での遭難を攻略するには、まずストーリーをしっかりと読むことが大切です。なぜなら、ストーリー攻略のヒントが隠されているためです。問題文で重要だと思われる箇所にマーキングするよう、指示してもよいでしょう。問題文を読み込んだら、次は脱出の方法をみんなで話し合う必要があります。

考え得る手段は大きく「その場に待機し、救助を待つ」か「歩いて32キロ先の街に向かう」かの2つです。方向性の認識がずれていると議論が進まないので、まずはこの大筋のコンセンサスを取りましょう。

模範解答

アイテムの使用順序の模範解答は、次のとおりです。

  1. 大箱入りのマッチ:火は明かりにもなるので捜索隊へ知らせるきっかけとなるため。また暖をとるためにも必要。
  2. 板チョコ10枚:寒さをしのぐためのエネルギー源に適しているため
  3. 固形油が混入した金属缶:固形油を体に塗ると、寒さを防ぐことが可能。火をおこすための燃料としても使える
  4. 大型懐中電灯:捜索隊に存在を知らせる合図になるため。夜中の移動時にも便利だが、温度が低いため、電池を消耗しやすいことには注意が必要
  5. 朝刊5日分:火をつける際に利用でき、服の下に入れると寒さを和らぐ効果をもたらすため。
  6. ライフル:捜索隊に知らせる合図になるため。反面、極限状態では殺し合いを誘発する可能性も。
  7. サバイバルナイフ:まきを切るくらいしか用途がないため。ライフル動揺、殺傷の道具にもなる。
  8. スキーセット:早く移動できるようになるので、助けを求める際に有効。ただし雪山での移動は危険。
  9. ウイスキー瓶:体が温まると言われているが、眠気を誘発するので遭難時に飲むのは危険。ケガをしたときの消毒液としては利用できる。
  10. 方位磁石:移動すべきではないので、まったく役に立たない

模範解答では「動かずに助けを待つ」が正解です。したがって、方位磁石の優先順位がもっとも低くなります。

コンセンサスゲームの問題集③NASAゲーム

moon, lunar, planet, landing, surface, earth, rock, night, astronomy, light, astrology, abstract, grey, crater, illustration, ornamental, apollo, system, solar, decorative, backdrop, texture, grungy, design, science, orbit, satellite, exploration, holes, background, grunge, space, peak, meteor, nature, detail, cosmos, landscape, universe

NASAが開発し、多くの企業研修でも取り入れられているNASAゲームについて、問題や回答のポイント、模範解答を紹介します。

問題

あなたは母船から300km離れた位置に不時着してしまった宇宙船の宇宙飛行士という設定です。残された15個のアイテムを駆使して、母船にたどり着くことを目指します。母船に到達するために、コンセンサスによってアイテムの使用順序を決めていきます。

回答のポイント

チーム全員で合意形成を目指すので、多数決で決めてはいけません。反対意見や少数派に対しても即座に否定せず、まずは受け入れる姿勢を見せることが重要。ロジカルな議論を通して、妥協や改善によってみんなが納得いく結論を目指しましょう。

模範解答

NASAゲームにおけるアイテムの使用順序の模範解答は次のとおりです。

  1. 酸素ボンベ:月は酸素が存在しないので最優先
  2. 水:生き残るために最低限必要なもの
  3. 月からの星座図:現在地を確かめ、方向を決めるために必要
  4. 宇宙食:あった方がいいが、なくてもしばらくは生きていける
  5. ソーラー式FM送受信機:母船と通信できる可能性がある
  6. ロープ:起伏が激しい場所で必要
  7. 注射器が入った救急箱:注射器はどうでもよいが、救急箱は役に立つ可能性がある
  8. パラシュート:物を運ぶ際に役立つ可能性がある
  9. 救命ボート:何かを運ぶ際に必要
  10. 発火信号:視界が悪いときに必要
  11. ピストル:発射による振動を利用して推進が可能
  12. 粉ミルク:飲むには水を消費してしまう
  13. ポータブル暖房機:月の表面は熱いので、それほど必要ではない
  14. 磁石の羅針儀:月では利用できない
  15. マッチ:酸素がないため使用できない

おすすめのコンセンサスゲーム5選

Assebling of a 3D cubic bluilfing blocks structur.

回答のポイントや模範解答を示した3つのゲーム以外にも、コンセンサスゲームにはさまざまな種類があります。

ここでは、おすすめのコンセンサスゲームを5つご紹介します。

帰宅困難サバイバル

「帰宅困難サバイバル」はIKUSAが提供する、防災知識も得られるコンセンサスゲームです。首都直下型の地震が起きて帰宅困難の状況に陥ったという設定で、災害時の行動や対処法を合意形成によって決めていきます。

帰宅困難サバイバルはイベントやオンライン研修の経験が豊富なプロのMCが司会進行を担当するので、盛り上がりが期待できます。また、とっつきにくいイメージがある防災知識を、楽しみながら得ることも可能です。各チームには巡回スタッフによるサポートがつけられるので、オンライン研修でよくある「受講者の様子がわかりにくい」という事態に陥るリスクを減らせます。

独自システムを使っているので、企業側は通信端末とインターネット環境を用意するだけで準備OKです。手軽にコンセンサスゲームを実施したい方は、ぜひ帰宅困難サバイバルの活用をご検討ください。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

ジャングルサバイバル

「ジャングルサバイバル」はクルーズが不時着して辿り着いたジャングルの奥地から、近隣の街までの脱出を目指すゲームです。「帰宅困難サバイバル」同様IKUSAが提供しています。

運営・司会進行をイベント実績豊富なIKUSAが担当するので、没入感を得られるでしょう。プロのMCによる巧妙な進行と非現実感のあるシチュエーションによって、自然とテンションが上がるはずです。アイテムの数を減らせば研修の時間も短縮できるので、利用する企業の状況に応じて柔軟な対応が可能です。

コンセンサスゲームの資料ダウンロードはこちら

生存者たち

「生存者たち」は、1972年に実際に起きたウルグアイ空軍機の遭難事故を再現したストーリーのコンセンサスゲームです。危機的な状況で生き残るためにはどうすべきか、緊迫感のなか、頭脳はクールに保ちつつ議論を進めていく必要があります。

残された食料で急場をしのぎながら救助を待っていますが、なかなか助けは現れません。負傷した隊員のなかには死亡してしまう者も出始めています。極限状態の中、リーダーのロベルトは次のように提案します。

「残念だがもうここには食料がない……。生き残るために死んだ仲間の体を食べるしかない!」さあ、みなさんはこの提案に同意し、適切な行動を取れるでしょうか。

ロベルトの言葉にどう応対するか、どのような行動を起こすべきかコンセンサスを目指してください。

無人島の出来事

「無人島での出来事」はストーリーに出てくる登場人物のなかで、許せないと思う順に順番をつけていくゲームです。5人の登場人物は全て倫理に反すると捉われる言動をしています。誰を一番許せないと感じるかによって、個人の価値観や考え方を把握できます。

物語はとある客船が嵐に遭い、乗客が2隻のボートに分かれて避難したところから始まります。1隻には若い女性・水夫・老人が、もう1隻には若い女性のフィアンセとフィアンセの親友が乗っています。若い女性のボートは無人島に漂着し、周囲を念入りに見回しても、フィアンセが乗っているボートは発見できませんでした。

少し離れた場所に同じような島があることを発見した女性は、水夫にその島に連れていってくれないか頼み込みます。水夫は「行ってもいいけど、自分と一晩、共に過ごしてほしい」と提案しました。

若い女性はこの提案を受けるか悩み、老人に相談したところ「私にはわからない。何を大切にすべきか自分で判断しなさい」と言われてしまいます。結局、女性は水夫の提案を呑み、次の朝、約束どおり近くの島までたどり着きました。その無人島にはフィアンセが立っており、カップルは感動の再会を果たします。

若い女性は迷いましたが、水夫と一晩を共にしたことをフィアンセに打ち明けました。そうしたところ、フィアンセは激怒し、女性を突き飛ばしてどこかへ行ってしまいます。途方に暮れる女性に、フィアンセの親友が近づき「悲しみが癒えるまで僕がそばに一緒にいてあげる」とささやきます。さあ、誰がもっとも許せないでしょう?

聖夜のケーキ店

聖夜のケーキ店はビジネスに近いシチュエーションのストーリーが特徴的なコンセンサスゲームです。クリスマスが近づいたある日、オーナーは店長と店員に対し「クリスマスは毎年ケーキを作りすぎて廃棄が大量に出ているから、今年は200個におさえてくれ」と命令を出します。

同時に「命令に従わなければ廃棄のケーキは買い取ってもらい、その費用を給料から天引きする」と言いました。しかし、店長は聞く耳を持たず、いつものように400個のケーキを作りました。結果はどうなったかというと、例年どおり大量の廃棄が出てしまいます。

宣言どおり、オーナーは店長と店員の給料から、余ったケーキ分の金額を差し引きました。店長は店員に対し謝罪し、天引きされた給料分の金額が入った封筒を渡します。

この物語において、悪いのは誰でしょうか。聖夜のケーキ店は上司と部下の関係性も意識した、ビジネス向けのコンセンサスゲームです。

まとめ

Group of business people assembling jigsaw puzzle, team support and help concept

コンセンサスゲームにはいくつもの種類がありますが、共通するのは直感に頼らず、合理的な根拠をもって結論を下すことです。模範解答が用意されているゲームもあり、論理的な思考力が回答に近づくためのポイントです。

一方で、模範解答が存在しない価値観系のコンセンサスゲームもあります。こちらでは正解はないので、チーム全員が納得いく結論を下せるよう、反対意見や少数派をないがしろにせず、議論や合意を重視して進めましょう。

ビジネスゲーム研修.comでは、研修のお役立ち情報や、体験型研修の事例をご紹介しています。オンライン研修やチームビルディング研修をお探しの方は、ビジネスゲーム研修.comにお任せください。

目的から探す

オンライン研修

アクティビティ研修

人気の研修事例記事

研修事例記事一覧

タグ

オンライン研修・アクティビティ研修について
お気軽にお問い合わせください。